マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品日記 テレビのマジック番組の感想など

トリックハンター ニセの鑑定士はマジシャン&マジッククリエーターの

更新日:

ニセ鑑定士はマジシャンと特製ハンマーのタネは

2014年8月20日放送のトリックハンターで、いたずらトリックコーナーがありました。

今回のいたずらトリックは、芸能人のお宝をハンマーを使ってつぶしてしまう、という企画。

 

まず、最初のターゲットとなったのは、俳優の峰竜太さん。

峰さんの自宅に行き、お宝を見せてもらった。

峰さんのお宝は、カフスリンクスというボタン。

これは、なんとダイヤの原石で出来ているというとても珍しいお宝。

結婚記念日に奥さんから贈られたもの。

そして、ここでニセ鑑定士が登場

ん?この人どこかで見たことがある人だぞ。

そして、ニセ鑑定士は、このボタンはニセモノだと言った。

そして、特製のハンマーを使って、そのボタンをペシャンコにしてしまいました。

ここで、ネタバラシ。

峰さんのボタンは、無事だったのです。

この特製ハンマーにトリックがあったのです。

 

そして、次のターゲットは、アニマル浜口、浜口初枝夫妻。

ここで出されたお宝は、帯留め。

アニマル浜口が、奥さんに40年も前にプレゼントしたものだ。

そして、またまた、ニセ鑑定士が登場し、ニセモノと鑑定!

そして、その帯留めも特製ハンマーによって、潰されてしまいました。

アニマル浜口が怒りだしたので、スグにネタバラシ。

帯留めは無事だったのです。

 

ここで、特製ハンマーの種明かしがされた

それは、ハンマーの中が空洞になっていて、お宝を叩くと、ハンマーの中に隠れる仕組みになっていたのです。

そして、台の下には、ニセのつぶれたダミーがあり。ハンマーを持ち上げると、そのダミーが見える仕組みになっていたのです。

すっごく巧妙で、普通は、ペシャンコになってしまったと思うでしょう。

このマジック原案は斎藤善紀さんです。

さて、さっきから気になっていたのが、ニセ鑑定士

この方、10秒マジックで有名なマジシャン。

マジッククリエイターの藤原 邦恭 (フジワラ クニヤス)さんです。

以前、くりぃむしちゅーが司会のスタードラフト会議にも

出演したことがあり、そのとき、「谷垣総裁に似てる!」

ということで、「ポスト谷垣総裁」と呼ばれていました。

その藤原 邦恭さんが、トリックハンターで、ニセ鑑定士役で

出演していたのです。

 

藤原さんのマジックは子供ウケがすっごくよくて、素晴らしいオリジナルマジック、「10秒マジック」を多数創作しているマジシャンであり、マジックくりーエータです。

いつかトリックハンターでも、10秒マジックを披露してくれることを楽しみにしています。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.