日用品を使った手品の種明かし

ストローマジック種明かし 2本のストローを結んでも外れるマジック(動画付き)

投稿日:

ストローを使ったマジックの種明かしを紹介します。

身近にあるもので、さりげなくマジックができると、「さすが、マジシャン」と言われます。

自分で用意したものでなく、日用品など、すぐその場でできるものを覚えておくと、いざというとき役立ちます。

今回は、カフェ、居酒屋などで簡単に手に入るものとして、ストローを使ったマジックの

やり方と種明かしを解説します。

動画でも解説していますので、ご参考ください。


 

 

現象を説明します。

2本のストローを重ねて

2本のストローを重ねます。

 

結びます。

しっかりと結んだ2本のストロー

 

しっかりと、結んでいるように見えます。

しかし、お互い引っ張りますが、ストローは切れることなく、外れてしまいます。

2本のストローが外れるマジック

 

ストローマジック種明かし

スポンサーリンク

 

では、写真を使って種明かしを解説します。

2のストローを用意します。

ストローマジック種明かし

 

十字の形で、ストローを重ねます。横を上にして重ねます。

2本のすとr-を重ねます

 

横を回します。右側のストローの端を持って、下から左に回します。

横のストローを右から回します

 

右から左に、回して、

ストローを【右から左にまわして

 

下から出してきます。

ストローを下から出してきます

 

下から回して、1回転させます。

横のストローを1回転させました

 

次に、縦のストローの下のはしを持ち、下から、前に持っていきます。

縦のストローを下の橋から前に回していきます。

 

下から回して、手前に持ってきます。1回転からさらに・・・

1回転からさらに

 

もう半回転させます。そうすると、縦のストローの端が同じ場所にきます。

半回転させます

 

縦は縦の両端を持ちます。

縦のストローの両端をもちます。

 

横も横どうしの端をもちます。お互い同じストローの両端を持ちます。

横のストローの両端も持ちます。

 

ストローどうしを、すこしヒネるように、グリグリすると、ストローは外れてしまいます。

 

ストローを引っ張ると、切れずに外れてしまいます。

 

このストローマジックは、見せ方によって、お互いのストローを思いっきり、引っ張ると、切れたような音がします。

一瞬、切れたのでは?と思わせる演出の場合は、思いっきり引っ張ってみてください。

しずかに外したい場合は、軽くヒネリを入れて、グリグリすると外れてきます。

このストローマジックは、覚えてしまうと、簡単にできるようになります。

ただ、時間を空けてしまうとすぐに忘れてしまいます

私もこのページを作るのに久しぶりに、演じてみましたが、やっぱり忘れていました。

「あれ?どっちにまわすんだったっけ?」

という感じで、忘れてしまったら、うまく外れません。

忘れないようにするには、定期的に、演じることをお勧めします。

-日用品を使った手品の種明かし
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.