マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品日記 テレビのマジック番組の感想など

ジョー・ブロギーというブレインハッカーのマジックは超能力ではない

更新日:

ブレインハッカーのジョー・ブロギーが、

ビートたけしさんをブレインハッキングしました。

いったいどうやって当てているのでしょうか?

2016年12月24日放送のビートたけしの超常現象マル秘Xファイルにマジシャンのジョー・ブロギーが登場。

ジョー・ブロギーはブレインハッカーというメンタルマジックを得意とする全米注目のメンタリストです。

ジョー・ブロギーは、ビートたけしさんが、これから何をするかを当てるマジックを披露。

ートたけしさんに、かぶりものや小道具などを選ばせて、それらを当てるとともに、最後にどんな行動をとるかまで、読み取るという預言のマジックです。

メンタリズム的に言えば、ビートたけしさんの脳をブレインハッキングするという。

まず、ビートたけしさんにやってもらったことは、あらかじめ用意したかぶりものや小道具を眺めてもらい、どの道具を使うのかを頭の中で想像してもらいました。

そして、どんな行動をとるかしっかりとイメージしてもらいました。

そして、次に、どの道具を使って何をするのかを、メモ帳に書いてもらいました

メモ帳とペンは、ジョー・ブロギーが用意したものです

ジョーブロギーは、「忘れないために、メモに書いてください」と言って、ビートたけしさんに、メモ帳とペンを渡しました。

ビートたけしさんは、メモ帳にどんな行動をとるかを書いた後、その紙をメモ帳から破いてポケットに入れてしまいました。

何を書いたかは、たけしさん以外誰にもわかりません。

 

さぁ、ここからが注目をするところです

 

ジョー・ブロギーは、一度たけしさんの前に立ち、脳を読み取るようなしぐさをしていました。

そして、次に、ブロギーは、アナウンサーである江口ともみさんが持っていた、さきほどたけしさんが使ったメモ帳とペンを手にとりました。

ペンを持ち、たけしさんの目の前にかざしたり、少しずらした位置にもってきたりして、読みとっている仕草をしていました。

そして、ジョー・ブロギーは「分かりました」と言って、

ビートたけしさんを別室に移動させました。

その間に、ブロギーは、たけしさんが、どんな行動をとるのかをあらかじめ紙に書きました。

ビートたけしさんがとった行動は、トランプ次期大統領のマスクをかぶり、トイレのスッポンを持ち、最後に、たけしさんの往年のギャグである「コマネチ」の動きをしました。

これを見事に、ジョー・ブロギーの答えと一致していました。

最後の「コマネチ」の動きについては、ジョーブロギーは、「KOMA」と書いて、線で消していたので、とても近い答えを予言していました。

最後にビートたけしさんは、自分が書いたメモ帳を見せてくれました。

たしかに、「トランプ」、「スッポン」、「スッポンコマネチ」と書いてありました。

ジョー・ブロギーが、たけしさんの行動をブレインハッキングするには、このメモ紙を見るしか方法はないわけです

気になるのは、メモ帳とペンを用意したのは、ジョー・ブロギーであり、そのペンとメモ帳を回収したのも、ジョー・ブロギーであるということ。

ジョー・ブロギーが、なんらかの方で、たけしさんが持っていたメモ帳を読み取ったとしたら、

まず、

トランプというカタカナを理解してたこと、またスッポンについては、日本独特の言い回しであり、アメリカではプランジャーというのが正式名称。

このスッポンというカタカナと意味を理解していたことになります。

最後のコマネチは、たけしさんのメモでは、少し読みづらい文字で書かれていたので、この文字をブロギーがうまく読めなかったのかもしれません。

唯一、コマというカタカナだけ読み取り、KOMAと書いて、自信がないから線で消したのかもしれません。

まぁ、わざと間違って見え消しで書いておいたほうが、演出としては真実味がでます。

メンタルマジックの場合は、すべてが演出となるわけで、

あくまでも、頭の中を読み取ることだけを中心に、その合間に使う自然な動きの中で、なんらかの道具などを使って、書いたメモを読みとっているかなと推測しました。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.