手品日記 テレビのマジック番組の感想など

香取慎吾くん、グラスの中に入るコインマジックをスマステで披露

更新日:

香取慎吾くん、通りぬけるコインマジックを披露

2014年7月26日放送のスマステーションで、実際に試してわかった、 使える100円グッズ特集。

100円ショップのマジックグッズで、香取慎吾くんが実演を披露してくれました。

100円で販売されているマジックグッズで、香取くんが見せてくれたのは、「通り抜けるコイン」でした。

グラスの上に布をかぶせて、その上にコインが置いてある。

その香取くんは、そのコインをゆっくりと押していくと、コインが布を貫通してグラスの中に入いりました。

ゲストの竹内結子さんも「どうして?」って驚いていました

また、その他にもスマステでは、手の中に入れたハンカチが消えてしまったり、トランプマジックで3枚のカードの真ん中のカードが、相手が引いてみると、

変化してしまうマジックなどが100円ショップで販売されていると紹介されていました。

街角で、これらのマジックグッズを使って、女性が友達に即席でこのマジックを実演してみると意外とうまくいって、友達から「なんで?なんで?」と言われていた。

100円ショップのマジックグッズでもたしかに不思議である。

 

100円ショップのマジックグッズと思うと値段が安いから、不思議でないとか、面白くないとかって思うかもしれませんが、

実際は、マジックのタネや原理は共通しているので、大切になってくるのが「見せ方」です。

「見せ方」というのは、見せるタイミングであったり、演技やトークが付随するもの。

単純に説明書通りにみせても、まずウケない。

しかし、この「見せ方」を工夫することによって、それは、それはとても魅力的なマジックに変化させることができる。

値段以上の価値を生むのです。

とりあえず、説明書どおりに行った場合、見ていたお客さんからは「なんで?」という言葉がでてくるが、

その場合は、タネがどうなっているの?種明かしをして!という要求なのである。

これでは、マジックの本来の面白さを引き出すことができない。

せっかくマジックを見せるなら、「すっげー不思議で、面白い」「また、見たい」という相手を喜ばせなければならない。

そうするためには、説明書を越えた「見せ方」を身に付けることが大切になってくる。

プロマジシャンはおそらく、これらの100円ショップのマジックグッズを使用したとしても、おそらく説明書どおりには使わない。

いや、使ったとして、それに何かトークなり演技が加わってくる。

これが面白いのが、プロの違いなのだ。

あなたも、マジックグッズを使ってマジックを見せるなら、100円ショップのグッズに限らず、説明書を越えた、自分のオリジナルの演技を身に付けてお客さんを楽しませてみませんか?

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.