手品日記 テレビのマジック番組の感想など

湯田温泉の西の雅 常盤の名物女将の女将劇場が月曜からよふかしで紹介

更新日:

温泉の女将が、マジシャンであるという温泉が、あります。

山口県に湯田温泉という温泉街があります。

そこに「西の雅 常盤」という温泉旅館があって、そこには名物の女将さんがいるのです。

http://www.n-tokiwa.co.jp/

その女将が、マジックやら太鼓、踊り、水芸などの芸事をほぼ毎日、温泉に来るお客さんに見せています。

その名を「女将劇場」という。

何度もテレビで紹介されているこの女性。

つい最近では、2013年8月26日深夜に放送された、「月曜から夜ふかし」という 番組でも紹介されていました。

その番組の特集は、全国の元気な高齢者を紹介する内容だったのですが、マツコデラックスも、めちゃくちゃ喰いついていました。

女将劇場のパフォーマンスを見て、「彼女だけで1回番組できちゃう」なんて言わせるくらいだ。

私も、一度でいいから、いつかその「女将劇場」を見に行きたいと思っています。

なんと、363日間、この「おかみ劇場」が披露されているというのだ。

残りの2日間は何の日か分からないんですけど・・・やっぱりお休みの日なのでしょうか?

ところで、この女将はどうして、こんなに長く、マジックなどのパフォーマンスを披露し続けることができるのでしょうか?

いろいろな理由があるかとは思いますが、一つには、お客さの拍手や声援、リアクションが原動力になっているのかなと、思うのです。

私もマジックを見せてから実感したことは、マジックを見たお客さんから「すごーい!」、「えーー」など言われたり、驚く表情を見たときや、感動してくれて拍手をもらったときには、もう病みつきになりました。

一層マジックの練習に励もう!とか、もっと上手になって、より大きなリアクションが欲しい!という気持ちになってしまうのです。

おそらく、常盤の女将さんも、そんな病み付き状態の一種になっているかと思うのです。

もちろん、温泉旅館を経営しているのだから、儲けるための工夫として、お客さんをたくさん呼び込もうという気持ちもあるかとは思います。

ただ、それ以前に、お客さんを楽しませよう、という気持ちが強いのかもしれません。

そして、女将自身の表情を見ていると、すっごく楽しんでやっているようにも見えるんですね。

そんなところから、このお客さんのリアクションが楽しくてやり続けることができるのだと思います。

あなたも、マジックを身につけて、お客さんから、

「すごーーい」というリアクションや拍手をもらう快感を味わってしまうと、練習を続けるモチベーションが一気にあがることと思います

そんな機会を、はやくもっていただけたらと思います。

そして、機会があればこの「女将劇場」を見て、元気なパワーを感じることをおすすめいたします。

私もいつか、見に行きたいと思います。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.