手品マジックお役たち情報

コロナ禍で、マジックを見せるベストなタイミグとは?

更新日:

コロナ禍ですっかり飲み会がなくなり、

しばらくマジックを披露する機会がなくなって

いました。

 

マジックを披露する場面で多いのが

やっぱりお酒を飲む機会の時が多いと思います。

あとは、職場の休憩室といったところでしょうか?

 

もちろん、それ以外の場面で

アマチュアマジシャンとして活動してる方もいますが、

マジック初心者の頃は、披露する場面も限られます。

 

ただ、飲み会や日常において、マジックを披露する場合、

自分から見せに行くと、嫌がられる可能性もあります。

いかにも用意してきたか、のように思われると

なかなかやりにくくありませんか?

 

 

マジックバーに来るお客さんは、マジックが見たくて

お店に来ますが、

 

一般の人は、日常においてそれほどマジックを見たいと

思わない人も多い。

そんな人を相手にする場合、マジックを見せるタイミングは

非常に難しい。

 

マジック初心者の頃は、自分のエゴが先行してしまい、

相手の気持ちも考えずに、とにかく自分のマジックを見せたい、

相手を驚かせたい、という気持ちが先走ってします。

 

実はけっこう、迷惑がられているということに

気づかずに。

 

親しい好意的な間柄で、お互い大人同士であれば、

1回か2回は好意的に見てくれる。

「手品がんばっているんですね」

みたいな、応援していれる。

 

それが、

まだ初心者の頃なので、手品の上達度も遅いまま、

3回目、4回目を変わらず強引に見せ始めると、

相手も嫌がってくる。

 

そして、いよいよディスられる。

 

ある意味、てじハラ(手品ハラスメント)と言われる

可能性だってある。

 

ただ、初心者頃のエゴってすごく大事で、

それが、マジックを覚える推進力にもなる。

 

 

ある程度、マジックの経験を積んでいくと、

自分から見せたい病は落ち着いてきます。

 

そうなると、

相手からマジックを見せてもらいたい、

というリクエストがくるまで

ひたすら待つこともできます。

 

ポケットの中にはたくさんのネタを用意しているが、

その日は使わないまま、自宅に帰り

ポケットから使わなかったネタを片付けることも

よくありました。

 

自分からマジックを見せようとしなく

相手から、タイミングよくマジックを見せてほしい

とか、え?マジックできるの?

なんて言われることって、

 

そんな絶好のタイミングって、人生において何回

あるだろうか?

 

 

でも、そのタイミグに遭遇したときに、披露するマジックは

とてつもなくウケます。

 

あなたは、何回こんなベストなタイミングで披露した

ことがありますか?

 

ただ、最近は、コロナ禍においては、マジックそのものを

披露する機会もなくなってしまいました。

 

そこで、どんなときにマジックを見せるか?

 

私の場合は、お金を支払うときです。

きっちりとしたマジックではなく、さりげなく、小ネタを

挟みながら、ほんの一瞬だけ披露する。

そんなことをしています。

 

例えば、職場で、お弁当を注文するとき、

取りまとめてくれる

人にお金を渡す時がそのタイミングである。

 

「こまかいのないんだわ、おっきいのでいいかい?」

と言って財布を取り出してから・・・

 

これ

 

ジャンボ500円コインを財布から出します。

 

これで反応がよかったら、さりげなくコインを消したり

出現させたりして、

最後は通常の500円を出すなど。

 

このコロナ禍においては、なかなか飲み会を開催して

マジックを披露するということができません。

 

どのタイミングでなら、

さりげなくマジックを披露することができるか、

考えてみることをおすすめします。

簡単なのに人を惹き付けるマジック

 

日常において、小ネタや軽いマジックを見せていると、

あなたの存在が気になる人がでてきます。

 

この小さな積み重ねをしておくと、

何かのタイミングで、相手からマジックを見せてほしい、

と入れれる日がやってきます。

 

そうすれば、

あなたも相手とってもベストなタイミングで

マジックを披露するチャンスが訪れることと思います。

-手品マジックお役たち情報
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2021 All Rights Reserved.