マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

ロープの手品の種明かし

ロープマジック 輪っかができる簡単手品 種明かし動画付き

更新日:

ロープを使ったマジックを紹介します。

このマジックは、大人数の前でもできます。

お客さんを参加させてできるマジックですので、盛り上がります。

ある程度時間をとることもできます。

私は、サロンマジックやステージでマジックを披露する際に、お客さん参加型としてこのロープマジックを取り入れてました。

飲み会や宴会で、突然、大勢の前でマジックを披露することとなった場合でも、ロープがあればできるので、持ち運びに邪魔にならないので、とても使えるマジックです。

現象は単純です。

相手にも同じ動作をしてもらいます。、

マジシャンのロープには輪っか(結び目)ができますが、お客さんのロープにはできない、という現象です。

 

スポンサーリンク

動画による実演と解説

動画による演技と解説を付けています。

 

ロープに輪っかができるマジックやり方

ここからは、画像で説明明します。

ロープを1本使います。

 

右手の先端から、ロープを左腕にかけます。

 

左腕にかかったロープの中心あたりに右手のロープをもってくると、手前と外側に、ワッカ(空間)ができます。

 

右手に持ったロープの先を手前のワッカ(空間)の中に入れます。

 

次に手首を返すようにして、

 

外側の空間の中に右手に持ったロープの先を入れて、

 

両手を開いて正面を向きます。

 

写真のような状態から、手首にかかったロープを下におろします。

 

そうすると、ロープに輪っか(結び目)ができます。

 

実際に、人前で演じるときは、会場にいるどなたかに、一緒にやってもらいます。

同じように、ロープを左腕にかけます。

左腕にかかったロープの中心あたりに右手のロープをもってくると、手前と外側に、ワッカ(空間)ができます。

 

右手に持ったロープの先を手前のワッカ(空間)の中に入れます。

 

次に手首を返すようにして、外側の空間の中に入れて、

 

写真のような状態から、

 

マジシャンと同じように、手首にかかったロープを下におろします。

そうすると、マジシャンのロープには輪っか(結び目)ができて、相手のロープには結び目ができません。

 

次に、同じやり方で、手首にロープをかかった状態で、ロープをおろす前に、マジシャンが相手のロープをもって、

 

相手の手首にかかっているロープを下におろします。

そうすると、今度はロープにわっか(結び目)ができました。

 

不思議ですね。

相手が自分でやるとロープにはワッカはできなかったのに、

マジシャンが行うと、輪っかができてしまいました。

ロープに輪っかができるマジック種明かし

このロープの輪っかができるマジックは、手首にかかったロープを下におろす時に、ちょっとしたトリックがあります。

では、最初から、説明します。

ロープの先を両手で持った状態から

 

右手のロープを左腕にかけます。

 

次に、右手に持ったロープの先を手前の輪に入れます。

 

手首を返すようにして、となりの輪の中に入れて、

 

正面をむくと、写真のような形になります。

 

さて、ここからが、重要なポイントになります。

手首にかかったロープの右手の、小指と薬指と中指で、

 

手の平あたりにあるロープをひそかに握ります

 

次に、右手の人差し指と親指で握っているロープの先をはなします。

 

その状態から、手首にかかったロープを下におろします。

 

右手の小指と薬指と中指でロープを握っていることをバレないよう、

ロープを下におろしたら、すぐにロープの先を、人差し指と親指に持ち返します。

左手首にかかっているロープは、ロープの先は離さず、普通に下におろしてください。

 

そうすると、ロープに輪っか(結び目)ができます。

 

しかし、相手には、普通にロープを下すだけですので、ワッカはできません。

 

ただし、手首にかかった状態で、マジシャンがそのままロープを持つと輪っかができます。

 

これは、普通に相手が持つと自動的に輪っか(結び目)ができますので、試してみてください。

 

ただ、お客さんや相手からは、やり方はあっていて、輪っか(結び目)ができるので、不思議に思います。

やり方があっていると、確認しあえた上で最後にもう一度同じ動作をしますが、やっぱり相手には、ワッカ(結び目)ができない、ということを確認してこのマジックを終わります。

私の場合は、手伝ってもらったお礼に100円ショップで購入した、ナイロンロープなどを「これで練習してください」と言ってプレゼントして、最後のオチをつけて終わります。

このロープマジックは、やる過ぎると、相手をイライラさせてしまうだけですので、どこで終わりをもってくるかが、重要になります。

そこで、このようなちょっとしたプレゼンをしてあげることによって、良い雰囲気で終わることができます。

ロープ数本用意しておけばよいので、即席でマジックを披露しなければならない時や、ちょっとした宴会でも使えます。

スポンサーリンク

-ロープの手品の種明かし
-, , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.