マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

お札 マジック 種明かし

お札マジック種明かしバランスが不自然で浮いてる(動画付き)

更新日:

今回は、お札を使ったマジックです。

お札の片方を離しても落ちない、バランスが不自然で、まるで浮いているように見えるマジックを紹介します。

お札マジック バランス

 

居酒屋や飲み屋、飲み会、宴会の余興などで、ちょっとしたマジックで注目を集めたい・・・

学校で目立ちたい・・・

そう思っていましたら、お札を使ったマジックをおすすめします。

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

マジック歴25年、会社員のかたわら週末に、施設、イベント、飲み会でマジックを披露するほか、手品講座を依頼される週末マジシャンです。

 

こういった私が、解説していきます。

今回は、お札を使ったバランス芸マジックを紹介します。

スポンサーリンク

動画による解説と種明かし

動画では、実演と種明かしを解説していますので、ご参考ください。

 

お札マジックのメリット

身近にあるもので、即席でできるため、マジック道具として購入する必要がないです。

持ち運ぶものはお札とタネになりますので、財布の中に入れていればよいだけ。

お札は、相手から借りて行うことができます。

タネはあらかじめポケットに入れておけばよいでしょう。

つまり、お札のバランスマジックは準備しやすいため、このページを見終わった後、すぐに練習することができます。

 

使うものはお札

千円札でも一万円札でも使えます。

自分のお札でも良いですし、相手から借りてもできます。

私の場合は、千円札を使っています。

使うものはお札

 

どんなマジック?

お札の両端を指先で押さえていますが、片方の指先だけを離します。

しかし、お札は落ちません。

何かで押さえている様子もありません。

お札のバランス芸マジック

 

最後は、お札を広げて何もないことを見せることもできます。

普通のお札を使ってます

重力に逆らった現象であるため、不思議さのインパクトはあります。

 

どんな場所で使える?

飲み会、居酒屋、スナックなどで使えます。宴会の余興でも良いでしょう。

お札を使うことに抵抗感がなければ、学校でもできます。

風が強いときの屋外は、あまりおすすめできません。

 

使うテクニックは

クラシックパームです。手のひらで、コインを保持します。

クラシックパーム

 

 

種明かしとやり方

お札のバランスマジックの種明かしはです。

タネは、500円玉です。

コインがタネになりますので、相手に知られないように扱います。

種明かしは500円玉

 

コインであれば、10円玉でも100円でも使えます。

私は、パームをしやすいことから、普段は500円を使います。

あらかじめ、500円玉を右手にパームしておきます。

あらかじめ500円玉をクラシックパームする

 

お札を改めます。裏表見せて改めます。

千円札を見せる

 

お札を回転させて、裏面も見せます。

千円札の裏面も見せる

 

次に、相手にお札を確認してもらっているときに、

千円札を確認してもらう

 

クラシックパームしているコインを

手のひらでパームをしているコインを

 

指先に落としておきます。

コインを指先に落とす

 

お札を右手近くにもってきたときに、

お札を右手に近づける

 

右手を反転させて、お札の下に500円玉を配置させます。

お札の下に500円玉を隠す

 

このとき、お札で500円玉が見えないように注意が必要。

お札で500円玉が見えないように注意

 

お札を折り、500円玉を包み込むように、内側に入れてしまいます。

500円玉をコインの内側に隠す

 

コインは、親指と中指で保持しています。

お札にしっかりと折り目を作ります。

札に折り目を作る

 

左手も同じような形で、お札を持ちます。

お札を両手で持つ

 

次に、ゆっくりと、左手で保持しているお札を離していきます。

左手を離す

 

右手の親指も離します。

中指だけで、バランスをとっています。

右手の中指だけでお札のバランスをとる

相手には、中指1本だけで、お札の端をおさえているだけで、バランスをとっていることが不思議に見えます。

 

左手で、お札の周りには何もない動作をします。

左手でお札のまわりには何もないことをアピールする

 

ふたたび、左手でお札の端を持ちます。

左手でお札を持つ

 

右手のコインは、親指を使って、右手の中に引き込み、

右手のコインを右手に引き込む

 

 

指の付け根付近で保持します(フィンガーパーム)

指の付け根でコインを保持する

 

最後は、お札を広げて、タネも仕掛けもないことをアピールしてこのマジックを終わります。

お札をひろげて何もないことを見せる

 

注意点は

最低限のバランス感覚が必要なため、少し練習が必要です。

バランスを取っている最中は、相手に少しでも触れられてしまうと、失敗する可能性もでてきます。風があるような屋外もおすすめできません。

バランスのとり方に注意

タネを仕込むときと、タネを処理するときは、コインを落としてしまわないよう、細心の注意が必要です。

不自然さを見せてしまうと、相手から「何かやった」という印象を与えてしまいます。

型通りの動きをするだけなので、慣れてしまえば、自然に振るまうことができるようになります。

それでは、さっそくお札とコインを用意して取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

-お札 マジック 種明かし
-, , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.