手品日記 テレビのマジック番組の感想など

前田知洋のトランプマジック 中居くんもお気に入りのアンビシャスカードも

更新日:

前田知洋のトランプマジックに、もやは言葉もでない

2015年2月4日放送の世界仰天ニュースに、クロースアップマジシャンの前田知洋さんが登場。

またまた盛りだくさんの新作マジックを交えてのクロースアップマジックを披露。

まずは、フリスクの箱を見せてからの、でっかいミントを出現。これでつかみはOKです。

次からはトランプマジックのオンパレード。

印刷する前の真っ白なカードを見せて、真っ白なカードに、通常のスペードの10のカードを合わせると、次々と、スペードの10が印刷されていくのです

面白いのは、そのカードが中途半端に印刷されたり、鏡文字のように印刷されたり、ずれて印刷されたりなど、変化に富んでいて面白かったです

 

ワイルドカードという作品を、前田さんなりにアレンジしたものでしょうか?

次に前田知洋さんが取り出したのが、柄のついた小さな吸盤のおもちゃ。

この吸盤が、上から押さえているだけなのに、ゲストの方々言った枚数がカードにくっついてくるのです。

ゲストの松坂桃李さんが、好きなところでストップと言い、現れたカードがハートの8。

トランプの山の好きなところに戻しました。

それをまとめて、松坂桃李さんが混ぜたのです。

松坂 桃李さんが吸盤を持ち、くっついてきたカードが、ハートの8だったのです。

松坂桃李さんが自分で混ぜたかカードが、一番上に来ていました。どこで、一番上にもってきたのでしょうか?

ゲストの大久保佳代子さんが選んだカードはダイヤの4。

大久保さんは、そのカードにマジックで絵を描き、自分の名前をローマ字で書き込みました。

そのカードをトランプの中に入れて、トップカードには、前田さんがマジックペンでスマイルマークを描きました。

そして、トランプの山から少し突き出ていた大久保さんが選んだ、ダイヤの4を引き抜くと、なんと、前田さんが描いたスマイルマークがずれて、

大久保さんの選んだカードの裏側に前田さんが選んだスマイルマークが移動してしまったのです。

これは驚愕でした。

 

そして、もやは恒例となったアンビシャスカードを披露。

中居くんがお気に入りのトランプマジックです

真ん中に入れたカードが上にあがってきたり、折れ曲がったカードを中に入れても、そのカードが一番上に上がってくるというマジック。

中居くんは、本当に盛り上げ上手です。

中居くんも、前田さんと同じように指を鳴らして、中に入れたカードを上にあげようとしました。

もちろん、できません。

「期待してんじゃねーよ!」って客席に向かって言って、面白かったです

 

このような盛り上げ上手がいると、マジックは本当にやりやすくなります。

そして、「わかんねー」と連発する中居くんに、

前田さんが「頭がいい人ほどマジックって分からないんですって!」

と言いました。

使える切り替えしのセリフですね

 

次は、ブーメランカード。

おそらく、前田氏はテレビで初披露だったと思います。

僕にとって一番難しいカードマジックですと言ってました。

 

スペードのカードを投げてブーメランのように戻ってきて、その挟まった両端のカードが、2人が選んだカードだったという現象を披露しました。

 

そして、最後のトランプマジックは

スリーカードモンテという作品。

 

ハートのクイーンが瞬間移動する、という現象。

なんですか、このスリーカードモンテマジックは?と、思わず口に出てしまいました。

 

4枚のカードを使い、そのうちの1枚を別の場所に置く。

たしかに、残りの3枚のどこかに、ハートのクイーンがあったはずなのに、別の場所においたカードがハートのQに変わっていました。

 

さらに、最後はカードの裏側をみせながらのスリーカードモンテ。

ハートのクイーンを見せたとき、「あれ、見せていいのかな?」と思う瞬間がありました。

でも、その後がどんでん返しでした。

ハートのQを見せながら、それが消えていく瞬間も見せて、完全に消えてしまいました。

 

前田さんの手には確かに3枚あったはずなのに、ハートのQが消えて、手には2枚しか持ってなかったのです。

そして、別の場所に違うカードを置いたはずなのに、そのカードがハートのQに変わっていたのです。

あまりにすごすぎて、言葉がでなくなりましたね。

また、次回、前田さんが新作マジックを交えて登場するのを楽しみにしています。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.