コイン手品の種明かし

コイン手品の種明かしとやり方 手の中のコインが消えるマジック

更新日:

コインの手品の種明しとやり方について紹介します。

このコインマジックは、相手の手の中にあるコインが瞬間移動してしまうという現象です。

とっても不思議な印象を与えることができます。

このコイン手品は本当に使えます。

単純に見せるだけでもウケますし、ちょっとした種明かしをしてあげるのにも役立ちます。

やり方を教えてあげると、一生懸命身に付けようとしますので、ちょっとした飲み会などで、コミュニケーションをとるときにも重宝しますよ。

今回紹介するマジックで、用意するのは、コイン7枚です

10円でも100円でもかまいません。

左手に7枚のコインを持ち右手を使って、相手の右の手の平にコインを1枚ずつ数えながらおいていきます。このとき、コインを当てて、「カチン!」と音をたてながら渡していきます。

 

同じリズムで、コインを置いていき、6枚目のコインまでおいてきます。

 

最後の7枚目のコインは左手で渡してしまいます。

 

すべてのコインを置いたら、すぐに相手には、手を握ってコインが出てこないようにしてもらいます。

 

しかし、7枚おいたはずのコインが相手の手の中から、1枚出てきました。

実際には、もっと自分の右手を相手に近づけて、手の中から貫通して出現してきたように見せます。

手の中のコインが消えるマジックの種明かし

スポンサーリンク

 

このコイン手品の種明かしは、6枚目のコインを右手で置くふりをして、カチンとコインの音をたてて、右手にもったままにしておきます。もちろん右手にもったコインは指で隠すようにしておきます。(写真ではわかるように見せています

 

そして、最後の7枚目のコインは左手で置いてきます

最後は1枚コインが貫通してきたように見せたり、飛んできたりといった演出をしながら、右手に持ったコインを見せます。

マジックを見せることとなった場合、あなたは、オープニングにどんなマジックからはじめますか?

もしかして、いきなりトランプを出します?

見ている相手にとっては、いきなりトランプを出されると、「いかにも用意してきただろう」なんて思われてしまいますよね。

その点、コインの場合は違和感を持たれません。

また、いつでも財布に入れて持ち歩いていればとっさにマジックを見せることとなった時でも困りませんよね。

そんなとこからも、ぜひコインマジックは身に付けておきたいものですね。

-コイン手品の種明かし
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.