トップ > 手品マジックお役たち情報 > 益田克也がマリックに売ったマジック

【スポンサードリンク】

 

マリック氏が益田克也氏に200万円で購入したリバティーバニッシュとは

 

2018年3月3日放送の、

ジョブチューンにマジッククリエーターの

益田克也さんが出演していました。

 


益田克也さんは、

マジッククリエーターとして

マジシャンたちにマジックのネタを作成して、

販売している方です。

 

 

益田さんの作品を購入したマジシャンの中には、

あのMrマリックさんがいたとお話していました。

 

 

そして、どんなネタを購入したのかというと、

「リバティーバニッシュ」という

ネタでした。

 

リバティーバニッシュは、絵葉書の中の自由の女神が

一瞬にして消える、という現象のマジックです。

 

動画でも紹介されています。

 

 

 

 

 

このマジックネタを

マリックさんは、

1年間、独占使用権として、

益田さんに、200万円を支払ったそうです。

 

 

このリバティバニッシュは私も持っています。

 

テレビで、マリックさんが披露したときは

とても不思議でならなかったです。

 

 

そして、そのマリックさんの独占使用権が

切れたときに、一般販売になったと思われます。

 

 

実際に自分でも使ってみましたが、

確かに不思議です。

 

 

絵葉書の画像の中の、自由の女神が一瞬で

消えてしまう、という現象なのです。

 

 

確かに、不思議なことは不思議です。

ジョブチューンでも益田さんが実際に

リバティバニッシュを披露していました。

 

 

スタジオでも驚きの声が上がっていました。

で、私も使ったことがあるのですが、

 

 

現象が、絵葉書の中の自由の女神が消えるは、

一瞬ですので、その消えた瞬間を

見逃してしまうと、不思議さが半減して

しまうのです。

 

 

ですので、まずはじっくりと絵葉書の自由の

女神を見てもらって、その絵葉書を

しっかりと覚えてもらわなければ

ならないのです。

 

 

一般の方が、例えば飲み屋とかで披露すると

なると、注意力が散漫な観客の前で披露

しても、その不思議さが伝わらない可能性が

高いのです。

 

 

私も実際に披露しましたが、

「え?何?もう一回やって」と言われて、

その一番不思議なタイミングを見逃されて

しまったのことがあるのです。

 

 

そして、観客から、「もう一回やって」

と言われてても、

 

スグに繰り返せるものではないのです。

 

 

そんな欠点もありますが、

じっくりと、集中して、その絵葉書を

見てもらうことができれば、

 

 

これはとても不思議な現象ですので、

驚いてもらえることと思います。

 

 

「リバティバニッシュ」はマジックショップ

でも販売されていますので、

 

 

プロマジシャンだけでなく、一般の人も手に入れる

ことが可能です。

 

 

不思議さを前面に演出したい人にとっては、役立つ

ネタかと思います。

 

【スポンサードリンク】