トップ > つれづれ日記 > 哀川翔 手品で言ってはいけない言葉

【スポンサードリンク】

 

朝早くテレビの明かりだけで手品の練習するときもある

 

俳優の哀川翔さんに、

言ってはいけないNGワード

あります。トランプ手品

 

 

その言葉を、哀川翔さんの娘で、

女優の福地桃子さんが

告白していました。

 

 

 

2月1日放送の

NHK放送の「ごごナマ」の

2018年2月1日の

ゲストは哀川翔さんでした。

 


哀川翔さんの趣味といったら、

「手品」です。

 

 

番組では得意のトランプ手品を

披露していました。


 

今回、哀川翔さんが披露した手品は、

トランプ手品でした。

 

 

司会の美保純さんに

1枚トランプを引いてもらい、

それが、クラブの6でした。手の上のカード

 

 

それをトランプの束の1番上に置いて

シュッフルをして、見せたカードが

スペードのエース。

 

 

 

 

 

クラブのエース

 

それは違うカードでしたが、

そのカードを、美保純さんの

手の上に乗せると、

 

クラブの6に変わってしまいました

 


 

次に

トランプをはじいて好きなところで

ストップを言ってもらい、4枚のカード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4枚のエースカード

 

取り出した4枚のカードが

すべてエースだった、

というトランプ手品を披露。

 

 

 

 

 

 

4枚のエース

 

そして、最後は4枚のエースが、

1枚だけ表にめくっただけなのに、

 

4枚ともすべてのエースが表向きに

かわった、というトランプ手品を

披露しました。

 

 

 

番組では、娘の福地桃子さんが、

父親である哀川翔さんに対する

NGワードを紹介していました。

 

 

それが、

「すごい」という言葉だそうです。

 

 

たとえば、

手品を見て、つい「すごい!」って

言ってしまったとします。

 

 

そうすると、哀川翔さんは、

照れ隠しなのか、

 

「なにが?」って

わざと聞いてくるそうです。

 


そこで


「何がって手品だよ」って言ってしまうと

 


うれしそうな顔をして、

「もう一枚ひく?」ってかえしてくるそうです。

 

 

それが延々に続いて、2時間くらいも

手品を見せられた

ことがあるそうです。

 

 

この言葉いいですね。

 

 

手品をみせて、驚いてくれて

思わず、「すごい」と言ってしまう。

 

 

それに対して、

分かっていても

あえて「何が?」って聞くこと。

 


まぁ、哀川翔さんのキャラで、

自分の娘さんに言うから

成り立っている「返し」では

あるかと思いますが、

 

 

ちょっと使ってみようかな?

と思いました。

 

 

次のマジックへつなげるための

つなぎ言葉として、

試してみようと思います。

 

 

このサイトでも常々紹介していますが、

哀川翔さん、手品が大好きなんです。

 

 

ごごナマで語っていたことは、

子供のころから手品が好きで、

 

 

自分では子供レベルと言ってましたけど、

なかなかの技法を使いこなしてました。

 

 

最後はエルムズレイカウントという、

比較的専門的な技法を見せていました。

 

うまくなる秘訣は、やはり「回数」だと。

 

 

 

哀川翔さんは、朝の5時頃に起きて

部屋が暗いままで

 

 

テレビの明かりだけで、手品の練習をしている

こともあるそうです。

 

 

手品には「手順」があるので、

いろいろな組み合わせを 

覚えなければならないことがあるので、

 

 

それを気になりだしたら、練習せずには

いられないようです。

 

この気持ちは私も、とても分かります。

 

 

手品にハマってしまうと、

夜寝ていても、

 

 

手順が気になりだしたら、

飛び起きて出てもおさらいしたい、

という気持ちになります。

 

 

仕事から家に帰ってきたときも

着替えもしないでそのまま、

トランプやコインを

にぎっていることもよくあります。

 

 

哀川翔さんが言うように、

まさに、「回数」が大切ということを

教えてくれました。

 

 

【スポンサードリンク】