マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品グッズ、本の紹介

カエルと牛のマジック感想。保育園や老人ホームで喜ばれる

更新日:

カエルと牛のマジックの感想

カエルと牛のマジックって何?

保育園や老人ホームで喜ばれるマジックは?

子供や高齢者に楽しめるマジックは?

大勢の前でできるマジックって何がある?

 

こういった疑問にお応えします。

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

マジック歴25年、会社員のかたわら週末に、施設、イベント、飲み会でマジックを披露するほか、手品講座を依頼される週末マジシャンです。

 

このような私が、解説していきます。

 

今回は、「カエルと牛」というマジックを紹介します。

このマジックは、子供から高齢者まで楽しめる手品です。

カエルと牛の現象や、メリットなどを知ることができます。

 

スポンサーリンク

子供や高齢者が喜ぶマジックってないかな?

保育園や老人ホームで、手品を披露する機会があるため、子供や高齢者にウケるマジックで何か良いネタないかと、と探していませんか?

 

人数が多いところで披露できて、それでいて、親しみがある、かわいいマジックがあればいいです。

 

せっかく依頼されてマジックを見せるのだから、呼んで良かったと思われるような、マジックを披露しなきゃ、と思いますよね。

 

子供向けで喜ばれるマジックのレパートリーを、それほど持っていないのなら、もしかしたら、このマジックグッズがお役に立つかもしれません。

 

子供や高齢者に喜ばれるマジック

このマジックは、子供や高齢者に喜ばれるマジックです。

実際に、私もよく使っています。

保育園や老人ホームでマジックを依頼されたときに、レパートリーの一つに入れることができています。

 

マジックショーを依頼された場合、ある程度、時間をかけなればならないですよね。

このマジックは、ゆっくり演じて5分程度は、間持ちさせることができます。

それに、大人数の前でマジックをする場合、道具が多くなって、持ち運びが大変になるけど、このマジックは、軽くて邪魔にならないので、持ち運びで、一つでも軽いネタがあると、助かります。

 

考案者は、藤原邦恭(マジッククリエーター)

「カエルと牛」の考案者は、プロマジシャンでマジッククリエーターの藤原邦恭さんです。

これまで、保育園や学校で披露できる、「10秒マジック」など、子供が喜ぶマジックの本などを多数出版されている方です。

マジック道具なども、多数、開発・制作されている、国内でも有名なマジッククリエーターです。

トリックハンターで藤原邦恭(マジシャン)がニセ鑑定士で出演

  トリックハンターというテレビ番組で、ニセ鑑定士役を演じていた人物は誰? どんな内容だったのか?   こういった疑問にお答えいたします。 トリックハンターというテレビ番組で、藤原 ...

 

大人数の前でできて、持ち運びは薄くて軽量

マジック道具は多数ありますが、大人数の前で披露できて、子供や高齢者に喜ばれる、それでいて、荷物にならないマジック道具ってなかなか見つからないものです。

 

でも、そんな希望を叶えてくれる一つが、この「カエルと牛」のマジックです。

手順も分かりやすいですし、高度なテクニックを使用しません。

紙製であるため、軽量で、持ち運ぶだけで疲れることがないです。

多数のマジック道具を考案・制作している藤原邦恭の作品の中でも、おすすめの一つです。

特に、かわいいイラストが使われていることからも、注目度があります。

 

カエルと牛のマジックとは

カエルと牛のマジック

「カエルと牛」のマジックについて、紹介します。

ひとことで言えば、「カエルのイラストカード」と「牛のイラストカード」が入れ替わるマジックです。

 

現象を詳しく説明します。

まず、紙袋を見せて、その中を、確認していきます。

カエルと牛のマジック実演

 

紙袋の中から、赤色の筒抜けの封筒を取り出します。

こちらは、後で使います。

紙袋から赤色の筒抜け封筒を出します

 

紙袋の中に、2匹の動物が入っていることを説明します。

紙袋から、その動物を取り出します。

1匹は、カエルの姿が型抜きされた、カエルの絵が描かれているカード1枚。

カエルのイラストのカード

 

もう1匹は、牛の姿が型抜きされた、牛の絵が描かれているカード1枚。

牛のイラストのカード

 

紙袋の中には、他には何も入っていません。

袋の中には何も入っていません

 

牛のカードを袋に戻します。

牛のカードを袋に戻します

 

カエルのカードも、紙袋にもどします。

カエルのカードも紙袋に戻します

 

次に、観客の一人に、カエルが好きか、牛が好きか聞きます。

観客の一人にカエルが好きか、牛が好きか聞きます

 

観客は、仮に「牛」と答えるとします。

マジシャンは、牛のカードを、紙袋から取り出します。

牛のカードを紙袋から出す

 

紙袋は、フタを閉めて、テーブル横に置いておくか、観客の一人に前に出て、持っていてもらいます。

紙袋はフタをしめて、テーブル横においておく

 

次に、牛のカードを、赤色の筒抜け封筒の中に入れます。

牛のカードを赤色の筒抜け封筒に入れます

 

赤い封筒を横にして、3回まわして、

赤色の封筒を横にして3回まわします

 

おまじないをかけると...

赤色の封筒におまじないをかけます

 

赤色の封筒の中は、カエルのカードに変わってしまいます。

赤色の封筒の中は、カエルのカードに変わりました

 

赤色の封筒の中には、ほかに何も入っていません。

赤色の封筒の中は、何も入っていません

 

紙袋の中には、牛のカードが入っていました。

紙袋の中は、牛のカードが入っていました

 

カエルのカードと牛のカードが一瞬で、入れ替わりました。

紙袋の中には、何も入っていないことを示して、このマジックを終わります。

紙袋の中には、何も入っていません

 

現象はシンプルで、分かりやすい

「カエル」と「牛」が入れ替わる、というシンプルな現象で、子どもや高齢者にはわかりやすいです。

また、「カエル」と「牛」という、なじみのある動物であることと、イラストがとてもかわいいので、注目度も高くなります。

このイラストを見せただけで、集中してくれます。

 

やり方は、少し練習が必要ですが、難しくはないです。

この商品には、DVDが付いてきます。

藤原邦恭さんの実演と解説を見ることができます。

 

実演と解説のDVD付き

カエルと牛のマジックの解説DVD

「カエルと牛」に付属のDVDについて、紹介します。

 

実演がお手本になる

DVDでは、まず、藤原邦恭さんが、このカエルと牛の実演を行っています。

BGMをかけながら、セリフなしで行っています。

 

次に、セリフを言いながら、演技を行っています。

これが、とても参考になります。

 

袋から取り出すときは、観客に質問します。

この中に2種類の動物がいます。

分かった方は教えてください。

と言って、チラっとカエルのカードを見せます。

次も、何の動物か言ってもらいます。

観客一人にでてきてもらい、紙袋を持ってもらいます。

このように、セリフと、実際に観客を相手に、見せる手順を見ることができます。

実際の本番では、このお手本どおりに行うことができますので、とても参考になります。

 

解説が分かりやすい

藤原邦恭さんによるDVDの解説は、とても分かりやすいです。

 

使用する道具について説明をしています。

トリックの仕組みについても、解説しています。

 

まず、赤い筒抜けの封筒を取り出して、後から使うと説明します。

次に、封筒の中に、2種類の動物が入っていることを説明して、何の動物かを当てるといったやりとりを、観客と行います。

そのようなやり取りをすることを説明したあと、解説用に、透明な封筒を使って、このトリックの仕組みを解説しています。

 

相手とのやり取りの中で、好きな動物をどちらか聞きます。

相手が「牛」と答えた場合と、「カエル」と答えた場合の、対応のやり方を、詳しく解説しています。

 

映像では、再確認として、キャプチャ―を追加しての説明になっていますので、丁寧な解説で理解しやすいです

さらに、相手が、どう答えて良いか、迷っているときの、対処法についても説明しています。

一通り、入れ替わったところまで解説しています。

 

ハンカチでのやり方も解説

次に、赤い筒抜けの封筒ではなく、ハンカチを使って、カードを変化させる方法を解説しています。

 

指の使い方まで、丁寧に説明してくれています。

 

筒抜け封筒よりも、ハンカチで行うほうが、瞬間的に変化する印象を、強く与えることができます。

DVDの最後は、保育園や幼稚園で、藤原邦恭さんが実演して、クライマックスで子供たちから歓声を浴びている映像が流れます。

これを見ると、イメージがしやすいのと、自分も同じように歓声を浴びているような、嬉しい気持ちになり、はやく演じてみたくなります。

 

商品内容は

カエルと牛、本体1式

紙袋2枚

赤色の筒抜け封筒1枚

演技・解説DVD1枚

 

マジック初心者でもできます

マジック初心者の方でも、少し練習すると、できるようになります。

 

紙袋から、イラストカードを取り出すときに、スムーズにできるようになるところを、しっかり練習みるといいですよ。

 

あとは、順番をきちんと覚えることによって、演じられるようになります。

 

私は、この手品を覚えてから、最初の2回ほどは、なんとなく、相手に気づかれてしまいました。

 

しかし、慣れてくると、不思議に思われるようになりました。

おそらく、ちょっとした見せ方の違いで、相手の意識が、タネの方にむかなくなるのだろうと思います。

2~3回やってみて、相手から「わかった」と言われても、くじけずに、やり続けてみてください。

慣れてきて、見せ方がちょっと違ってくるだけで、バレにくくなります。

 

カエルと牛マジックの感想

以前、私は、子供の前でマジックを頼まれたときに、新ネタを取り入れたいと思い、何か良いネタはないかな、と探していました。

 

次の点を満たすものがあればいいなと、思っていました。

  • 子供が、ひと目で興味をひくもの
  • 現象が分かりやすくて、ハッキリと良く見えるもの。
  • セリフはあまり必要としなくて、スグに現象を見せられるもの
  • 大人数の前でも見せられるもの

そこで、動物だったら、子供も興味を引くので集中してもらえるだろう、といった理由から、このカエルと牛のマジックを購入しました。

 

やり方は簡単ですが、少しだけ練習が必要です。

また、できれば、練習のつもりで、実際に人前で披露してみる経験を積んだほうがよいでしょう。

 

私は、本番にむけて、2~3回、新ネタ披露みたいか感じで、飲み会で披露するなどの、経験を積んでおきました。

 

そして、いざ本番の子供の前で披露しました。

そうしたら、子供たちは、牛やカエルの絵を見たとたん、喰いつくように見入ってきました

 

そして、一人の子供に前にでてもらい、紙袋を渡しました。

 

ここで大切なことは、袋を渡す前に、中には、どちらの動物が入っていたかを、何度も言わせるなどして、記憶に残しておくことが大切です。

 

なぜなら、前に出てきてもらった子供は、緊張のあまりどっちの動物が入っていたか、考えることもできない場合があるからです。

 

カエルと牛のカードが、入れ替わった現象をみせたとたん、大きな反響がありました。

このマジックは子供には、とても使えるマジックだと実感しました。

 

かわいいけど本格的な現象

カードのイラストは、かわいいカエルと牛のイラストですが、マジックそのものは、本格的な現象です。

そのため、老人ホームで、高齢者に見せても、喜ばれました。

 

また、大人数の前でも、十分披露することができます。

私は、多い場合で、70人くらいの前でも披露してきましたが、十分、活用することができました。

 

このマジックは参加型でもあります。

 

子供の前で演じるとき、一人の子供に前に出てきてもらって、紙袋を渡します。

その時点で、まわりは注目してくれます。

 

そして、最後に紙袋の中から、カードを取り出すときは、子供本人が取り出しますので、そこに仕掛けがないことを、示すことができます。

 

大人数の前で演じられ、それでいて、道具は薄くて、フラット状態なものばかりですので、持ち運びにも負担にならないです。

 

ゆっくり演じても2分以上は確保できる

このマジックは、現象だけをゆっくり演じて2分くらいです。

その前後に、観客に前にでてきてもらったり、オープニングで袋の中身を当ててもらうといったやりとりをいれると、5分は持たせることができます

 

一つのネタで、5分を使えるって、良いと思いませんか?

例えば20分~30分のマジックショーを依頼されたときに、その中の、5分を費やせるとなると、貴重なネタだと考えられます。

 

購入先

カエルと牛のマジックは、amazonでも販売されています。

在庫切れになった場合は、再入荷かマーケットプレイスの出品待ちになります。

 

そのほか、マジックショップであれば、まだ在庫が残っているショップがあるかと思います。

 

最後に

今回は、カエルと牛のマジックを紹介しました。

このマジックを購入して良かったと思っています。

 

今までのネタだけでは、反応がもらえないまま、過ごしていたことを考えると、とても助かっています。

 

アマチュアマジシャンにとって、同じ場所で、再度、依頼されということは、そのマジックが喜ばれたからという、証明になり、嬉しくなります。

その喜ばれる可能性が非常に高いマジックが、このカエルと牛のマジックです。

同じお金をかけてマジック道具を購入して、時間をかけて練習するなら、喜んでもらえるマジックを披露したいものですよね。

 

このカエルと牛のマジックは、喜ばれて、また来て欲しいを言ってもらえる、あなたのマジックの一つになるでしょう。

 

藤原邦恭さんのマジックでは、他にも、保育園などで、ウケるマジックがあります。私の別のページでも紹介していますので、合わてお読みください。

保育園や幼稚園の先生が、子どもの前でウケるマジックとは?

保育園の先生が、子どもの前でどんなマジックを 見せたらよいか悩んでいませんか?   そんなお悩みに回答します。   この記事を読むことによって、保育所や幼稚園の先生が、どんなマジッ ...

no image
話術・トークが苦手な人が、マジックでのしゃべりが上手いと思わせる方法

  あなたはこんな勘違いをしていませんか?   不思議なマジックを身につけて、 絶対バレない手品を見せることができれば、 みんなから注目される。     なぜ、 ...

スポンサーリンク

-手品グッズ、本の紹介
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.