マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品グッズ、本の紹介

ふじいあきらのパーティーカードマジックのレビュー・感想

更新日:

ふじいあきらのパーティ―カードマジックレビュー・感想
  • 大人数の前でできるカードマジックを覚えたい......
  • ふじいあきらのパーティーカードマジックのDVDについて、レビューや感想について知りたい......

このようなリクエストにお応えします。

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

マジック歴25年、会社員のかたわら週末に、施設、イベント、飲み会でマジックを披露するほか、手品講座を依頼される週末マジシャンです。

このような私が、解説していきます。

今回は、テンヨーから、2016年に発売された、「ふじいあきらのパーティ―カードマジック」というトランプ付きのレクチャーDVDのレビューと感想について紹介します。

このDVDのカードマジックは、親戚の集まり、宴会、パーティーでなど、比較的人数が多い場面で喜ばれるマジックを学べます。

スポンサーリンク

人数が多いところでできるカードマジックを学びたい

人が集まるパーティ、親戚が集まったとき、余興や宴会のときに、カードマジックで注目されたい、その場を盛り上げたい、そんなふうに思っていませんか?

ある程度の人数の前でも、披露できるトランプマジックはないものか探している....

難しい技法を使わないでできる、トランプマジックはないものかな?

たしかに、カードマジックは、少人数の前で見せるものが多くて、大人数の前でも披露できるレパートリーを増やしておきたいものですよね。

誕生日や記念日、カップルをお祝いできるカードマジック

パーティーや人が集まっているときに、何か盛り上がっていない雰囲気を察したときに、いつでも盛り上がれるトランプマジックを用意してあると思うと、気持ちに余裕がでてきます。

カードマジックは、比較的、少人数の前でしか披露するレパートリーしかもっていないけど、このDVDで紹介されているマジックは、比較的人数が多い場合でも、十分に対応できるものです。

また、誕生部や記念日をお祝いするためのマジックや、カップルを盛り上げるためのマジックもあるので、披露すると、喜ばれるカードマジックが学べます。

ふじいあきら プロフィール

名前 ふじいあきら

本名 藤井 明

生年月日1967年3月4日

出身 広島県広島市

職業 マジシャン

所属 マキセ芸能社

ふじいあきらさんのプロフィールや最近の活動については、別のページでまとめていますので、ご参考くださ。

口からトランプのふじいあきら現在の活動やおすすめDVDの紹介

「口からトランプ」を出す人で有名なマジシャンといったらふじいあきらさん。 彼の代名詞ともいえるトランプマジックです。 一時は、毎週のようにテレビに出演していたため、一般の人も知っている人が多いかと思い ...

商品基本情報

商品名 ふじいあきらが動画でレッスン「パーティ―カードマジック」

梱包内容 解説DVD+トランプ一組

DVD収録時間 約56分

ふじいあきらが愛用している、アメリカ製高品質のトランプが一組ついてきます。

ふじいあきらのパーティーカードマジック感想

ふじいあきらが動画でレッスンパーティ―か―ドマジックの感想

このDVDでは、6つのカードマジックと、口からトランプ合わせて合計7つのマジックを学べます。

2012年に発売されたふじいあきらのスーパーカードマジックでは、少人数を対象にしたカードマジックでした。

それに対して、今回のパーティ―カードマジックは、文字通り、人が集まるパーティ―で披露できるカードマジックであることから、比較的人数が多くても対応できるマジックです。

難しい技法が使わずに、順番や配列を覚えればできるものが多いので、カードマジック初心者でもできます。

ごく基本的なシャッフルのやり方やカット、ちょっとした手の動かし方などは、解説がありますので、大丈夫です。

ただ、前作のスーパーカードマジックよりも、覚える工程が少し多かったり、今まで使ったことがないカードの扱い方が一部ありますので、比較すると、少し練習のやりがいがあるDVDと言えます。

ふじいあきらのスーパーカードマジックのレビュー・感想

トランプマジックを覚えたい... ふじいあきらのスーパーカードマジックのDVDについて、レビューや感想について知りたい... こういったリクエストにお応えします。   こんにちは、週末マジシ ...

5つ目の「ポーカー読心術」というマジックは、オススメのマジックです。

なぜなら、このマジックは、一度に4人~5人のお客さんを相手に、カード当てができるからです。

お客さん参加型で、しかも1~2名でなく、4~5人を相手にできますので、人数が多い場面でも使えます。

もっと見やすくするために、すこし大き目のトランプを用意することも、考えられます。

演出次第では、メンタリズムやブレインダイブのように、超能力風に当てることができますので、ぜひ覚えることをオススメするマジックです。

また、今回も口からトランプのやり方の解説があります。

前作との違いは、普通にカードを持った状態から、小指でブレイクを作って、左手に隠し持つ動きの解説が加わっています。より実践的な、口からトランプを学ぶことができます。

ふじいあきらのパーティーカードマジックのレビュー

ふじいあきらが動画でレッスン「パーティ―カードマジック」では、6つのカードマジックと口からトランプが学べます。

また、ふじいあきらさんをはじめ、多くのプロマジシャンが使っている、紙製のトランプが一組付いてきます。

7つのカードマジック

1.バースデイカット

2.ライジングカード

3.目隠しで当てるカード

4.ジャンピングエーセス

5.ポーカーの読心術

6.シンパセティックカーズ

7.口からトランプ

パーティーカードマジック実演編

DVDの前半は、7人ほどに囲まれた状態で、ふじいあきらさんが実演を披露しています。

ここでは、どんなマジックが演じられているか、概要を紹介します。

1.バースディカット

「バースディカット」というタイトルのマジックのやり方が解説されています。

誕生日の方がいるときに、披露できるマジックです。

トランプ一組とハンカチを使います。

トランプ一組とハンカチを用意する

左手にトランプ一組を持ちます。

左手にトランプ一組を持つ

その上にハンカチをかけます。

トランプにハンカチをかける

ハンカチ越しに、トランプを好きなところで、分けて持ち上げてもらいます。

ハンカチ越しに、トランプを分けてもらう

持ち上げてもらったところから、ハンカチのまま、マジシャンは受け取り、テーブルにおきます。

テーブルにおいたトランプの束からハンカチをとり、そのままテーブルに置いておきます。

該当する人に、誕生日を聞きます。

例えば、1999年12月12日生まれだとします。

マジシャンは、左手に持っているトランプの束のトップから、1枚ずつカードを置いていくと、1999/12/12という数字が並んで出てきます。

1999年12月12日の誕生日マジック

相手が、ハンカチ越しで分けたトランプの束から、相手の誕生日の同じ数字が並んで、出てきました。

さらに、次のカードを表向きにすると、付属の「おめでとうカード」が現れました。

おめでとうカードを出現させる

カードマジックの技法には様々なものがありますが、今回、ふじいあきらさんが解説している方法は、とても簡単です。

特別な技術はいりません。

ハンカチを使うことによって、相手に選んでもらいたい、カードを引かせるようにしています。

そのため、とても楽に、失敗の可能性が極力少なく、演じることができます。

2.ライジングカード

カード当てマジックです。

相手の選んだカードが、トランプの束から、上がってくる、という現象です。

少し練習が必要かなと、思います。

相手に1枚カードをひいてもらいます。

覚えてもらったカードは「ハートの10」です。

ハートの10のカード

覚えてもらったカードを、トランプの束の中に入れてしまいます。

トランプの束の中に戻す

マジシャンは、右手で縦にトランプの束を持ちます。

右手にトランプの束を持つ

右手に持ったトランプの束を少しずつ揺らしていくと、カードが1枚上がってきました。

選ばれたハートの10のカードが上がってくる

そのカードが、相手の選んだ「ハートの10」でした。

相手の選んだハートの10のカードが上がってきた

3.目隠しで当てるカード

カード当てマジックです。

ハンカチで目を隠しながら、相手の選んだカードを当てる、という現象です。

トランプの束から、1枚カードを選んでもらいます。

覚えてもらったカードは、クラブの4です。

クラブの4のカード

マジシャンはヒンズーシャッフルをしながら、相手に好きなところでストップと言ってもらい、

ヒンズーシャッフルをおこなう

その場所に、覚えたカードを入れてもらいます。

覚えたカードをトランプの束の中に入れる

相手が覚えたカードが、トランプの束の中ほどに入った状態で、カードを当てると言います。

マジシャンは、トランプの束を一度カットをして、

トランプの束を分けて

上下を入れ替えます。

トランプの上下をいれかえる

さらにテーブルの上でトランプを裏向きのまま、リボンスプレッドをして

リボンスプレッドでトランプをひろげる

さらに、ごちゃまぜにして、テーブルに広げます。

トランプをごちゃまぜにする

マジシャンは、目隠しをすると言い、ハンカチを取り出し、

ハンカチを取り出す

自分で目のあたりをハンカチで隠しました。

ハンカチで目隠しをする

マジシャンは、テーブルに広がったカードから、1枚を人差しで押さえます。

カードを人差し指でおさえる

いろいろなところに、人差し指でカードをおさえ、

いろいろなカードに人差し指で押さえる

最終的に、人差し指で押さえたカードを表向きにすると、

最後に人差し指で押さえたカードが相手のカード

さきほど選ばれた「クラブの4」のカードを当てることができました。

クラブの4のカードを当てることができた

続いて、ショータイムBの内容を紹介します。

4.ジャンピングエーセス

トランプゲームの中で、一番強いカードは、「エース」であると説明します。

そこで、エースを手なずけることに成功したと言います。

カードを縦にずらしながら、数枚重ねていきます。

ジャンピングエーセス

その重ねたトランプの束を右手で持ち、

トランプの束を右手に持つ

上下に振ると、エースのカードが1枚飛び出してきました。

トランプの束を上下に振ると、エースのカードが飛び出してきた

次々とエースの飛び出してきました。

トランプの束から次々とエースが飛び出してきた

最終的んは、4枚のエースが全て、飛び出してくるという現象です。

5.ポーカーの読心術

マジシャンは、ポーカーゲームの戦略について説明します。

マジシャンは、テーブルの上で、5か所に5枚ずつカードを配っていきます。

ポーカーの読心術

観客4人に、配られたカードを見てもらい、5枚のカードの中から、好きなカード1枚を、それぞれ覚えてもらいます。

覚えたら、次に、それぞれ手にもっている5枚のカードを、バラバラに混ぜてもらいます。

次に、マジシャンは、4人が持っているカードを、集めてしまいます。

数回カットした後、もう一度、5か所に5枚ずつカードを配ります。

テーブルには、5つの山ができました。

マジシャンは一つ目のトランプの山を持ち上げて、4人に聞きます。

「この5枚のカードの中に、あなたが覚えたカードはありますか?」と。

3つ目の山で、2人ほど、覚えたカードがあると答えました。

マジシャンは、1枚ずつカードを見せていき、相手の表情から覚えたカードを当てると言います。

マジシャンは、5枚カードの中から、相手のカードを手に持ち、相手が覚えたカードを言ってもらいます。

そして、手に持っているカードを見せると、相手が言ったカードと言ってしていました。

残りの3人のカードも、同様に当てることができました。

解説のところで、写真付きでもう少し分かりやすく、現象を紹介します。

ショータイムCのカードマジックを紹介します。

6.シンパセティックカーズ

シンパセティックカーズ

カップルに見せるのに適したマジックです。

カップルに見せるのに適したカードマジック

女性側にハートのカード13枚と、男性側にスペードのカード13枚を用意します。

ハートのカード13枚とスペードのカード13枚を並べる

配列は、それぞれバラバラです。

男性と女性に、カードをそれぞれ、そろえてもらいます。

カードをそれぞれそろえる

それぞれにもっているカードを、2回カットをしてもらいます。

カードの上下を入れ替える

カットとは、上の束を下の束を入れ替えることを言います。

カットをおこなう

男性には、男性のもっている13枚を、カットし、

男性側のトランプの束も上下を入れ替える

女性には、女性が持っている13枚をカットしてもらいます。

男性側のトランプの束もカットを行う

次に、ワイグラスを2個用意します。(写真ではマグカップを使っています)

左の女性側のトランプの山は、グラスの中に入れておきます。

左側の女性側のトランプの束はカップに入れる

マジシャンは、男性側のトランプの山を持ち、

マジシャンは男性側のトランプの束を持つ

テーブルに置いていきます。

カードをテーブルに置いていく

カードを配りながら、相手にストップと言ってもらったところで、順番を変えたりして、

ストップと言ってもらったところでカードを表向きにする

テーブルにカードをおいていくとこを、2回ほど繰り返します。

観客には、カードをしっかりと混ぜているように、見えます。

そして、トランプの束をワイングラスの中に入れます。

右側のトランプの束をカップの中に入れる

2個のワイングラスに入ったカードを、観客側に見せます。

すると、一番下のカードが一致しています。

両側のカップに入ったトランプの一番下が一致している

それぞれ1枚ずつ取り出して

次のか―ドも一致している

テーブルにおいていくと、2組のカードの順番が一致して、カードが配られていきます。

カップに入った全てのカードの順番が一致していた

ハートとスペードの13枚のカードが、バラバラにまぜられたはずなのに、最後は、すべてのカードの順番が、一致することに成功しました。

カップルに対して、2人の気持ちが共鳴しているという、お祝いのカードマジックが完成します

以上、6つのカードマジックの実演が終了しました。

ここまでで、およそ10分以上の演技時間となります。

この後、解説編にはいります。

パーティ―カードマジック解説編

まずは、カードマジックを始めるにあたって基本的なことを解説しています。

はじめに覚えること。

  • カードの呼び方について、
  • マジック用テーブルマットについて、
  • カードの持ち方や配り方について
  • リボンスプレッドについては、直線で開くやり方のほか、扇形に開くコツについて解説しています。
  • カットとシャッフルについて
  • オーバーハンドシャッフルの実演
  • リフルシャッフルの実演
  • ヒンズーシャッフルの実演と解説
  • フォールスヒンズーシャッフルの実演と解説

フォールスヒンズーシャッフルの解説では、トップとボトムの順番が変わらないやり方をそれぞれ行っています。

  • フォールスカットについて

フォールスカットの解説では、トランプの束を、3等分して重ねても、混ぜてるように見えて、順番が変わっていない方法を解説しています。

フォールスカットの解説

1.バースデイカットの解説

誕生日や記念日に、使えるマジックです。

(1)あらかじめ相手の誕生日を知っておく必要があります。

例えば相手の誕生日が1989年7月5日生まれの場合は、

カードで、1、9、8、9、7、5と7枚のカードを用意しておきます。

年号まで用意することが難しい場合は、月と日だけでもできます。

例えば1月1日生まれの人がいる場合は、エースのカード2枚をセットしておきます。

1月1日生まれをカードで表現する

(2)この商品に一緒についてくる、「おめでとうカード」も使います。

(3)透けないハンカチを用意します。

このマジックは、事前のセットが必要になります。

その上で、ヒンズーフォールスシャッフルから始めます。

フォールスシャッフルを見せながら、言うべきセリフが解説されています。

トランプの束を左手に持って、その上にハンカチをかけます。

左手に持ったトランプの上に、はんかちをかぶせる

ここで、ハンカチの下で行う動作について解説しています。

スムーズに行えるように、少し練習する必要があります

ハンカチの中で行う動作、ハンカチから外に出してくるときの動作については、詳しく解説しています。

出現させるカードがあらかじめセットしていますので、ハンカチの中での動作が上手くできれば、このマジックは成功します。

しかも、相手の誕生日や記念日にちなんだ、数字がでてくるので、とてもインパクトがあります。

さらに、ダメ押しのダブルインパクトの「おめでとうカード」まで出すと、相手からも喜ばれることと思います。

おめでとうカードを出現させる

このような、記念となって人から喜ばれるような、マジックを披露すると、あなたの存在も記憶に残すことができるでしょう。

2.ライジングカードの解説

ライジングカードの解説

相手にカードを覚えてもらっているときに、あるセットを行います。

カードが上がってくるという発想を逆手にとっています。

ここでは、カードが上がってくるようにみせるための動きを、練習する必要があります。

また、横からの角度には弱いため、観客には「正面から見たほうが、みやすいですよ、」と言って正面から見てもらうように誘導することが望ましいマジックです。

カードがスムーズにせりあがってくるように見せると、とても不思議に思わせることができるでしょう。

3.目隠しで当てるカードの解説

頭の後ろで結べるくらいの、ハンカチかバンダナを用意します。

目隠しで当てるカードの解説

あとは、カードにちょっとした仕掛けをほどこします。

この仕掛けをほどこすことによって、相手のカードを知る手がかりになります。

最終的には、トップコントールができるようにすることですので、別の方法で、トップコントールする方法を知っているのであれば、次へ進むことができます。

カードを1枚相手に覚えてもらいます。

ヒンズーシャッフルをしながら、好きなところでストップと言ってもらい、そこにカードを戻します。

カードをテールの上でバラバラにまぜます。

この、混ぜ方についても、解説がされています。

ここから、目隠しをします。

さらに、相手の名前などを言いながら、バラバラになったカードの上に人差し指を置いていきます。

トランプに人差し指を当てる

最後に、人差し指を置いたカードが、相手が選んだカードになります。

最後に人差し指を置いたカードが相手の選んだカード
  • テーブルでバラバラ広げたカード
  • 目隠しをした状態
  • 相手の名前を言いながらランダムに人差し指を置いていく

このように、3重の演出をして、相手の選んだカードを当てますので、かなり不思議に思わせることができます

ここまでの演出を重ねてカードを当てますので、パーティ―などで披露すると、盛り上がることでしょう。

4.ジャンピングエーセスの解説

ジャンピングエーセスの解説

このマジックは、事前の準備が必要です。

エースが、飛び出てくる不思議なマジックです。

フォールスヒンズーシャッフルをします。

カードを上下にずらして、かみあわせながら、重ねていきます。

カードを上下にずらして、かみあわせながら、重ねていきます

この並べ方は、スムーズにできるように練習が必要です。

重ねたカードを上下にふると、エースが飛び出してきます。

飛び出すたびに、驚きを与えることができるでしょう。

5.ポーカーの読心術の解説

このマジックは、人の心を読んだような演出ができます

配列の仕組みを理解すれば、誰でもできるマジックです。

特別な技法は使いません。

なんと、事前の準備もいらないのです。

人数は5人を対象に行うことができます。

ポーカーゲームにちなんだマジックですので、ポーカーに勝つためのコツのようなセリフを言います。

セリフのお手本は、実演を参考にするとよいでしょう。

例えば、一人目の人が、1枚のカードを覚えたこととして、紹介します。

まず、5人にカードを5枚ずつ配ります。

ポーカーの読心術

それぞれ5人に、5枚のカードの中から好きなカードを覚えてもらいます。

ここでは、一人目の観客が、ハートの3のカードを覚えたと想定します。

覚えたカードはハートの3

覚えてもらったら、5人の観客が持っているカードを、すべて集めます。

全てのカードを集めた

ここで、フォールスカットを使います。

フォールスカットを行う

フォールスカットを行いました。

フォールスカットを行いました

次に、もう一度、5人に5枚のカードを配ります。

もう一度5人に5枚ずつカードを配る

この時点で、観客はカードをバラバラに配列しているように思います。

カードを見せて、5枚のカードの中に、覚えたカードが入っているか、5人に聞きます

1人目の観客が覚えた、ハートの3のカードはないので、何も答えません。

1人目の観客に、覚えたカードがあるか聞く

次に、2つ目のトランプの山を見せたとき、「ハートの3」のカードが入っていますので、一人目の観客は、「はい」と答えます。

この時点で、5枚カードがあるうち、1人目のお客さんが覚えたカードは、どれか知ることができます。

1人目の観客はハートの3のカードがあるため、はいと答える。

本来は、5人観客がいますので、5つのトランプの山を順番に見せて、覚えたカードが入っているか、聞いていきます。

5つのトランプの山を、すべてを見せて、5人の観客に、覚えたカードは入っているかをすべて聞き終わると、マジシャンは、それぞれが覚えたか―ドがどこにあるか、分かることになります。

あとは、どのような演出でカードを当てていくか、です。

例えば、相手の表情から当てると言いながら、カードを1枚ずつ見せていきます。

1枚ずつカードを見せていきます。

ハートの3のカードを見せる

2枚目、

2枚目はダイヤの8のカードを見せる

3枚目、

3枚目はクラブの7のカードを見せる

4枚目、

4枚目はハートの7のカードを見せる

5枚目とカードを見せていき、

5枚目はダイヤの2のカードを見せる

ポーカーフェイスにちなんで、「なかなか表情を変えないので、難しいですが、分かりました!」

と言います。

あなたの覚えたカードが分かりました

あなたの覚えたカードは、これですね、と言って、当てることができます。

相手が覚えたハードの3のカードを当てることができた

どのようなセリフを言うかは、お手本を示してくれますので、わかりやすいです。

解説も、カードの配り方、集め方、どこに相手の覚えたカードがあるかを、分かりやすく教えています

また、このポーカーの読心術では、4人の観客に対してのやり方も解説しています。

基本的にやり方は同じです。

4人で行う場合は、時間が短縮できることと、マジシャンも1組の5枚のカードを持つことになるので、相手に説明しながらマジックを行うときに、理解してもらいやすくなるといった利点があります。

非常にオススメのカードマジックです。

6.シンパセティックカーズの解説

トランプのほかに、数枚のカードが入るワイングラスなどを使います。

(写真では、ワイグラスではなく、マグカップを使っています)

このマジックは、事前の準備が必要です。

使うのは、ハートのカード13枚と、スペードのカード13枚です。

解説では、配列の仕方について説明しています。

シンパセティックカーズの解説

次に、演技のやり方について説明しています。

ハート13枚と、スペード13枚を、縦に2列で並べます。

配列では、順番がバラバラになって見えます。

それぞれのトランプの山をそろえて、一度、カットをします。

それぞれのトランプの山をカットする

そして、片方のトランプの山をグラスの中に入れます。

片方のトランプの山は、カップに入れる

もう片方のトランプの束をもち、一度カットをします。

もう片方のトランプの山をカットする

さらに、ここから、手に持ったカードを混ぜていきます。

まず、一枚ずつテーブルにカードを置いていくので、好きなところで「ストップ」と言ってもらいます。

手に持ったカードを1枚ずつテーブルに置く途中でストップと言ってもらう

ストップと言われたところで、2枚のカードを表向きにして、

ストップと言ったところで、2枚のカードを表向きにして

その2枚の上下を入れ替えて、

カード2枚の上下を入れ替える

裏向きにして2枚とも置いていきます。

カード2枚を裏向きにして、テーブルのトランプに重ねる

これを2回繰り返して、この作業が済んだら、グラスの中に入れます。

同じ作業を2回繰り返して、トランプの束をカップに入れる

演出としては、ここで二つのグラスを乾杯して、カードの表側を観客に見せます。

2つのグラスを合わせて乾杯をする

あとは、カードを同時にグラスから取り出して、

カップの中のトランプを同時に取り出す

全ての順番がそろっていることを示して、クライマックスを迎えます。

カップの中のトランプの束の順番が一致している

7.口からトランプの解説

ふじいあきらさんの代名詞となった「口からトランプ」の解説です。

ふじいあきらの口からトランプ

口からトランプが出てきたように、見せています。

まずカードの持ち方、指の添え方について説明しています。

次に、カードの開き方について説明しています。

3段階で、縦に開くように、指の動かし方を説明しています。

カメラは、マジシャン側と正面からのアングルで撮影されていますので、分かりやすいです。

実際に口に当てて、歯に当てるようにして出す、と説明しています。

次に、カードの隠し方に説明しています。

カードを手の中で保持して、両手で隠しながら、口元でどのタイミングで手を離すかを、ゆっくりと実演してくれています。

次に、カリカリと音を出し、滝のようにながれるように見せるやり方を説明しています。

次は、一組のトランプをもった状態から、突然口からカードを出す方法について説明しています。

この説明は、前回、発売していた「スーパーカードマジック」では説明していなかったことが、追加されています

特に小指の使い方、回転のさせ方について、ゆっくりと解説しています。

ただ、初心者にとっては、難しい動きかなと思います。

ふじいあきらさんも、このテクニックはとても難しく、高度であるから、しっかり練習して頑張ってみてくださいと言っています。

ふじいあきらからアドバイス

最後に、ふじいあきらさんからのアドバスが収録されています

しっかり練習すること、練習の方法についてアドバイスしています。

  • 登場するとき、実演するときのポイントについて
  • セリフの多いマジックをする場合は・・・
  • パーティーで演じる場合、外してはいけな重要なこととは?

など、参考になるアドバイスをしてくれています。

少人数の次は、大人数のパーティーで人気者になる

すでに、「ふじいあきらのスーパーカードマジック」のDVDを持っている方は、次なるステップとして、パーティカードマジックでを身につけることをオススメします。

想像してみてください....

少し人数が多い場合でも対応できる、カードマジックを披露したとき、まわりから注目されて、人気者になっているあなたの姿を..

.

購入先

ふじいあきらのパーティ―カードマジックは、amazonなどでも販売されています。

リンクを貼っておきますので、口コミや評価も参考にされるといいですよ。

最後に

今回は、ふじいあきらのパーティ―カードマジックのDVDを紹介しました。

ふじいあきらさん解説は、とても親切で分かりやすいです。

ゆっくり教えてくれますので、理解がしやすいことと思います。

パーティ―に参加したとき、あなた以外でマジシャンがいたらどうでしょうか?

万が一バッティングしても、相手は少人数向けのテーブルマジックしかできないのであれば、あなたはこのDVDで学んだ、大人数用のトランプマジックを身につけていれば、いつでもこの場を盛り上げることができる自信を持つことができるでしょう。

ふじいあきらさんは、カードマジックのほかに、コインマジックのDVDも発売しています。私の別のぺ―ジでレビューや感想を紹介していますので、合わせてお読みください。

ふじいあきらが教えるスーパーコインマジックのレビュー・感想

  「ふじいあきらが教えるスーパーコインマジック」のDVDについて、レビューや感想について知りたい...... こういったリクエストにお応えします。   こんにちは、週末マジシャン ...

スポンサーリンク

-手品グッズ、本の紹介
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.