マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

輪ゴム手品の種明かし

輪ゴムマジック つながる2本の輪ゴムの種明かし(動画付き)

更新日:

輪ゴムマジックで、2本の輪ゴムがつながるマジックを紹介します。

2本の輪ゴムがつながるマジック

 

すごいと言われる輪ゴムマジックを覚えて、学校、職場の休憩時間、飲み会、宴会で人気者になりたい。簡単にできて、それでいて不思議に見える、輪ゴムマジックを覚えたい。

 

とても不思議で、ありえないと思われる輪ゴムマジックは、2本の輪ゴムがつながるマジックです。ここで紹介する輪ゴムマジックは、とてもインパクトのある現象ですので、まわりの注目を集めることができます。

 

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

 

手品歴25年、会社員のかたわら週末に、施設、イベント、飲み会で手品を披露するほか、手品講座を依頼される週末マジシャンです。

 

このような私が、アマチュア目線で解説していきます。

 

スポンサーリンク

動画によるやり方と種明かし

動画による実演と解説を用意していますので、ご参考ください。

 

 

不思議な輪ゴムマジック

普通の輪ゴムではどうやってもありえない、不思議な現象を見せると、注目されます。

輪ゴムは日用品でもあり、そんな身近なものを使ってマジックを見せると、とてもインパクトがあります。

 

どんな輪ゴムマジック?

2本の輪ゴムがつながります。

相手に、つまんでもらったところが、手を離すとつながっています。

もう一度その部分をつまんでもらうと、離れてしまいます。マジックを見せる前、見せた後も完全に輪ゴムを見せることができます。

 

つながる輪ゴムマジックのやり方

2本の輪ゴムを人差し指と薬指にかけます。

人差し指と薬指に2本の輪ゴムをかけます

 

相手に、2番目と3番目の輪ゴムを指でつまでもらい、

2番目と3番目をつまんでもらいます。

 

上下にふってもらいます。

つまんだところを上下にふってもらいます。

 

手を離すと、2本の輪ゴムがつながってしまいます。

手を離すと2本の輪ゴムがつながってしまいます。

 

下の輪ゴムが、上の輪ゴムに貫通しています。

輪ゴムが貫通してつながっています。

 

もう一度、つながった部分をつまんでもらい、

つながった部分をつまんでもらいます。

 

上下にふってもらいます。

つながった輪ゴムを上下にふってもらいます

 

手を離してもらうと、輪ゴムは離れてしまいます。

輪ゴムが外れてしまいます

 

輪ゴムは完全に離れています。

 

つながる輪ゴムマジック種明かし

2本の輪ゴムがつながるマジックの種明かしについて、今回は、手の裏側を見せながら解説していきます。

つながる輪ゴムマジックの種明かし

 

人差し指と薬指に輪ゴムをかけます。

人差し指と薬指に輪ゴムをかけます

 

右手の親指で、3本目の輪ゴムをひっかけて、

手の親指で、3本目の輪ゴムをひっかけます。

 

手前にすくい上げます。

親指で輪ゴムを手前にすくい上げます

 

右手の親指を1本目と2本目の輪ゴムの中に入れます。

右手の親指を1本目と2本目の輪ゴムの中に入れます

 

上から2本目の輪ゴムを右手の親指に引っかけながら、

上から2本目の輪ゴムを右手の親指に引っかけて

 

親指を手前方向に、上にあげながら、輪ゴムをすくい上げます。

親指を手前方向に、上にあげます

 

左手の中指を、1本目と2本目の輪ゴムの間に入れて、

左手の中指を、1本目と2本目の輪ゴムの間に入れます。

 

さらに親指ですくい上げた輪ゴムの中にもいれます。

 

次に、右手の中指も

右手の中指を動かして、

 

右手の親指ですくい上げた輪ゴムの中に入れます。

右手の親指ですくい上げた輪ゴムの中に、右手の中指を入れます。

 

次に右手にかかっている輪ゴムを外します。

右手にかかっている輪ゴムを外します

 

このようにすると、2本の輪ゴムが人差し指と薬指に、普通にかかっているように見えます。

2本の輪ゴムが人差し指と薬指に、普通にかかっているように見えます

 

実際は、中指の内側で、輪ゴムが交差している状態になっています。

中指の内側で、輪ゴムが交差しています。

 

それを、中指を曲げて見えないようにしています。これでセット完了です。

中指を曲げて、交差した箇所は見えないようにしています

 

相手に2本目と3本目の輪ゴムを同時につまんでもらいます。

2本目と3本目の輪ゴムを同時につまんでもらいます

 

相手のつまんだところを上下に動かしてもらっているときに、左手の中指で押さえている輪ゴムを抜いて、クロスしているところをはずします

左手の中指で押さえている輪ゴムを抜いて、クロスしているところをはずします

 

そうすると、2本目と3本目の輪ゴムが交差して、つながったよう見せることができます。

2本目と3本目の輪ゴムが交差します。

 

さらに、輪ゴムがつながったように見せるために、左手の薬指にかかっている輪ゴムもはずします。

左手の薬指にかかっている輪ゴムもはずします

 

そうすると、さらに輪ゴムがつながったように見せることができました。

輪ゴムがつながったように見せることができます。

 

もう一度、左手の薬指を輪ゴムにかけてから、交差しているところをつまんでもらいます。

交差しているところをつまんでもらいます

 

相手につまだところを上下しているときに、

 

右手の中指にかかっている輪ゴムを外します。

右手の中指にかかっている輪ゴムを外します

 

そうすると、輪ゴムは2本、別々にすることができます。

輪ゴムは2本の交差がはずれます。

 

反対側を見せても、完全に輪ゴムは、切れていない普通の輪ゴムであることを確認させることができます。

 

注意点とコツ

輪ゴムをセットするときは、スムーズにできるようにある程度の練習が必要です。

スムーズにできないうちは、相手が見えないところでセットしてから始めることをおすすめします。

ただ、これができると、とても不思議に見せることができますので、ぜひ身につけてみましょう。

スポンサーリンク

-輪ゴム手品の種明かし
-, , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.