大人のための手品習得講座

大人のマジック講座ではハンカチを使った簡単な手品も役立つ

更新日:

手品を披露するとき、道具を使わないで、身近にあるものを使って、その場ですぐ披露したいと思ったことはありませんか?

 

わざわざカバンから、手品道具を取り出すのは、時間もかかります。

 

道具を取り出す時間がかかると相手の期待度も下がってきます。

 

相手からは、「はやくやってくれよ!」なんて内心思われているかもしれません。

 

とりあえず、まずは一つでも何か、不思議な現象を見せて、相手の興味を引き留めなければなりません。

 

そんなときに役立つのがハンカチです。

 

ハンカチをポケットに入れておけば、すぐその場で、手品できます。

 

ユーキャンの大人のマジック講座では、そんなハンカチを使った手品を学ぶことができます。

 

「大きくなるハンカチ」という手品を学ぶことができます。

 

普通のハンカチを相手に広げて見せます。

 

すこしずつハンカチの両端を伸ばしていくジェスチャーをしていきます。

 

そうすると、みるみるハンカチが伸びて大きくなります。

 

最終的には、2倍の大きさになったのではないか?と思えるように相手に見せることができる、そんな手品を学びます。

 

私はこの「大きくなるハンカチ」を初心者の頃覚えました。

 

この手品を覚えてからは、こんな風に活用しています。

 

それは、自分が人前で手品を披露している合間に使います。

 

手品の合間に、皆さんにも簡単な手品を教えます。

「一緒に覚えましょう」、と言います。

 

もしも、今ハンカチを持っているのでしたら、取り出してください。

 

これから、ハンカチ使ってできる、簡単な手品のやり方を教えます!と言って、現象と種明かしをします。

 

そうすると、自分の手品ショーの中に演目として入れることができます。

 

例えば、30分の手品ショーを依頼されたときでも、ある程度、時間を稼ぐこともできるのです。そのためには、このハンカチを使った手品は、最適なものです。

 

観客は手品を見ることができるほかに、簡単な手品まで教えてくれるんだ、というお得感を感じることができます。

 

その他にも、普通に飲み会や宴会などで、手品を見せていると、「簡単な手品を教えてほしい」とリクエストされることがあります。

 

そんなときにも、即席で簡単に、すぐに見せて、しかも教えることができます。

 

相手が、大人であっても、子どもであって、お孫さんであっても、このハンカチ手品は簡単に教えることができます。

 

このハンカチ手品は、ショーとして見せることもできますし、相手に手品を教えるためのものとしても使えます。

 

手品のレパートリーは、多いほうがよいです。

 

このハンカチ手品を見せたときも、相手からは「いろいろな種類の手品を覚えていてスゴいね」と言われることもあります。

 

ユーキャン 大人のマジック講座では、21種類の手品を学ぶことができます。

手品を覚えて人気者になりたい人はココ

あなたのレパートリーの一つに取り入れるための、ご参考になれば幸いです。

 

-大人のための手品習得講座
-, ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.