マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

日用品を使った手品の種明かし

ストローを使ったマジックの種明し 減らないストローのやり方は

更新日:

ストローを使った簡単な手品の種明しとやり方を紹介します。

 

ストロー10本を見せて、1本取り除いたのに数えてみたら、まだ10本あった。

さらにもう1本、取り除いたのに、また10本のままだった!というマジックです。

子どもに見せると、不思議に思ったり、やってみたいと言い出すことと思います。

2014年3月9日放送のニャンちゅうワールド放送局で、マジシャンの三四郎さんがストローを使ったマジックを教えてくれました。

今回の放送内容は、バングラディッシュのお友達を笑顔にするというスマイルイリュージョンでした。

このコーナーいつも楽しみにしています。

今回は、減らないストローというマジックです。

10本のストローを用意します。

 

ストローを1本、取り出します。そして、残ったストローは何本?と質問します。当然、9本と答えますよね。

1本ストローを抜き取る

 

しかし、実際に数えてみると10本のままなのです。

ストローは0本のまま

 

数え方にトリックがあるのかな?と思ったのですが、違います。

 

さらに、もう一度、1本のストローを抜き取ります。

ストローを1本抜き取る

 

しかし、もう一度手に残っているストローを数えてみると、10本のままだったのです。

ストローは10本のまま

 

指先を良く見て、数え方と手の動かし方を良く見ていたのですが、やっぱり10本であることは間違いなかったのです。

そして、三四郎さんがこのストローマジックの種明かしとやり方を教えてくれました。

 

タネは、10本のストローのほかに、さらにもう2本のストローを用意しておきます。

ストローマジックの種明かし

 

そのタネとなるストローは、まず、少し短めに切っておき、

2本のストローを短く切る

 

さらに、その短いストロー2本に、縦方向に切りこみを入れます

ストローに縦に切込みを入れる

 

そのストローを10本の用意してあるうちの、2本の上にかぶせておきます

ストローを2重にかぶせる

 

つまり、2本のストローだけが2重になった状態なのです

2本のストローが2重

 

そして、10本のストローのうちの、2重になっているストローから1本、抜き取ります。

 

当然、ストローの本数は変わっていません。1本、抜いたように見えますが、手元には10本のストローが残っている、ということになります。

 

もう一度、ストローを1本抜いても、

 

ストローの本数は10本のままということになります。

特に、2回目(2本目)を抜くときには、ゆっくりと行ってください。

2回目の場合は、タネを見つけ出そうとして、相手はじっくりと見ます。

そこで、しっかりと10本あることを確認してから、たしかにストローは、手から抜いていることを確認してもらいます。

その上で、ストローの本数が変わっていないので、相手はとても不思議に思います。

-日用品を使った手品の種明かし
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.