マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

日用品を使った手品の種明かし

ニャンちゅうマジック種明かし 切れないリボンの手品

更新日:

2016年10月2日放送のニャンちゅうワールド放送局で、マジシャンのさんしろうさんのスマイルイリュージョンが放送されました。

スマイルイリュージョンは、マジシャンのさんしろうさんがマジックを教えてくれるコーナーです。

子供向けのテレビ番組なのですが、ときどきマジックのやり方を教えてくれます。

決して本格的なマジックではないですが、何かの機会で子供にマジックを教えるときには、とても役立つ番組です。

今回は、リボンを使ったマジックです。

「切れないリボン!」

切れないリボンマジック

 

 

用意するのはリボンと封筒とハサミ。

リボン、封筒、ハサミを用意

 

 

まず、封筒の底の部分をハサミで切ります。

封筒の底を切る

 

その封筒の中にリボンを入れます。

封筒の中にリボンを入れる

 

そして、ハサミを使って封筒ごと、リボンを切っていきます。

封筒ごとハサミでリボンを切る

 

封筒はハサミによって切れていますが、

封筒はハサミによって切れているが

 

 

しかし、封筒からリボンを出しても、リボンは切れていません。

封筒の中にあったリボンは切れていない

 

 

スポンサーリンク

切れないリボンの種明かし

では、このマジックの種明かしを紹介します。

このタネは封筒の事前の準備にあります。

封筒の裏側に、折り目を作って、2か所切りこみを入れておきます。これで準備はOKです。

種明かしは封筒に二か所切り込みを入れる

 

あ、封筒の2か所切りこみをいれた面は、決して相手に見せないでください。

自分のほうにむけて行います。

 

 

まず、封筒の底を切って、

封筒の底を切る

 

封筒の中にリボンを入れていきます。このとき、リボンを封筒に入れるときに最初の切れ目からリボンを出してきて、もう一つの切れ目からリボンを入れていきます。

封筒の切り込みからリボンを外に出してくる

 

そして、ハサミで封筒を切るときは、うまくリボンをよけながら、封筒だけを切っていきます。

リボンを避けながら、ハサミで封筒を切る

 

 

あとは、封筒からリボンを出して、切れてないことを見せてあげれば、このマジックは成功です。

封筒からリボンを出す

 

ポイントは、封筒にリボンを入れるとき、スムーズに切れ目から出して入れていくことです。

封筒にリボンを入れるときはスムーズに出し入れする。

 

何度か練習して、スムーズにできるようになってから、子供に披露してみてください。

使うのはリボンだけでなく、紐やネクタイを使っても良いかもしれません。

会社の宴会で余興をする場合は、ネクタイがいいですね。

決して失敗してはいけないですが、同僚のネクタイを借りるなどして行うと、ハラハラして盛り上がるかもしれません。

そのほか、お札などを入れて行うもの、注目度が高まることと思います。

いずれにしても、封筒の中に入れるものは、封筒の裏側に作った2か所の切込みから上手に出すように慣れていただく必要があります。

スポンサーリンク

-日用品を使った手品の種明かし
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.