トップ > つれづれ日記 > 志村でナイト 新子景視がブレインダイブ

【スポンサードリンク】

 

透視マジックでは何を題材にするのが良いか?

 

透視マジックの当てる題材は、

多くの人が興味を持つ話題がよい。

 

その最適な題材が

「初恋の人の名前」である。

 

2019年1月9日(地方によっては2月19日深夜)

に放送されていました、

「志村でナイト」に、

 

マジシャンの新子景視さんが登場。

 

新子景視さんは、相手の脳の中に入り込んで

相手が考えていることを当てる、

ブレインダイブを得意するマジシャンです。

 

 

ブレインダイブが基本的には、

透視マジックなのですが、

 

演出的に相手の脳に中に

入り込むというコンセプトでパフォーマンスを演じています。

 

「志村でナイト」で披露したブレインダイブが、

初恋の人の名前を当てる、というものでした。

 

 

今回の相手は、千鳥の大悟さん。

大悟さんの初恋の人の名前を

 

ブレインダイブで当てるという

パフォーマンスを披露しました。

 

まだ、一度もテレビなどのメディアでは、

初恋の人の名前を言ったことはない、という。

 

そこで新子景視さが取り出したのが、

メモ帳とペン。

 

そのメモ帳の紙に○を書いて、その中に、

大悟さんの初恋の人の名前を書いてもらいました。

 

そして、その名前を見事に当てたのでした。

 

ここで、メモ帳に書いてもらう題材が、

図形や数字だったら、面白いだろうか?

 

もしかしたら単純な図形や数字だったら

予測で当ててしまうかもしれない、と

思ってしまうかもしれない。

 

しかし、初恋の人の名前であれば

絶対に本人にしか知りえない情報である。

 

しかも、いったいどんな名前なのか?

なんて、まわりの人も矯味を抱きやすい。

 

さらに、場合によっては、その初恋の人とは

どんな関係だったのか?

 

マジックが終わってからも、話題を広げやすくなるのである。

 

そんなことからも、

透視マジックにおいては、「初恋の人の名前」を

当てることは、とても有効な題材てあるといえる。

 

そして、志村でナイトでは、

新子景視さんは、みごとに大悟さんの

初恋の人の名前を当てることに

成功していました。

 

 

そのことによって、回りもそうであるが、

大悟さん本人が一番驚いていたのでした。


 

 

【スポンサードリンク】