マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品日記 テレビのマジック番組の感想など

ゼンジー北京 現役最高齢マジシャン。うさぎのマジックから学ぶこと。

更新日:

ゼンジー北京さんのうさきのマジックから学ぶこと

ゼンジー北京さんが、

フジテレビ放送の芸能人今でもスゴい!懐かしの100人すべて見せます生放送SP(2014年1月7日)に登場して、マジックを披露してくれました。

山上兄弟に続いて、2組目のマジシャンです。

ゼンジー北京さんって現在、75歳だそうです。

現役のプロマジシャンとしては最高齢のだそうです

久しぶりにゼンジー北京さんのマジックをみました。

なんとなく、ほっとしますね。

マギー一家系と同じで、少々の失敗しても許されるコメディマジックです。

と言いながらも、

本当のオチを作るところでは絶対に失敗は許されないのですが。

だからこそ笑いをつくることができるのです

ゼンジー北京さん、最初は軽いマジックの種明かしから。

うすい細い鉄板で出来たリングを持ったゼンジー北京さんが、体ごと回転すると、四角い形に変わります。

これを数回繰り返して、種明かし。

「こんな手品ばっかりよー」、と言いながら次のマジックに移ります。

これで、お客さんをひきつけるとともに、油断させます

白いうさぎと黒いうさぎをテーブルの上に置きました。

この2匹のうさぎにカバーをかけると、右と左が入れ替わって、しまいます。

ゼンジー北京さんは、話をしながら、うさぎの裏表を変えていたのです。

表側が白色のウサギ、裏側が黒色のウサギになっていて明らかに、裏がえしているのが分かります

これを何度か繰り返した後、再び、うさぎにカバーをかけて、もう一度見せると、表が赤色のウサギに、そして裏が黄色のウサギに変わってしまいました。

素晴らしいトリックです。

サッカートリックです

サッカートリックとは、失敗したあとに、実は成功した、という現象であったり、あからさまにタネが分かるような手品を見せながら、最後は大どんでん返しを行うマジックのことです。

このようなベタなマジックはトークがうまくなければできないな、と思います。

そして、落ち着きと安定感ですね。

絶対に照れないで、真剣に行えばおこなうほど笑いがとれるものだと思います。

1998年頃に、「天声慎吾」というテレビ番組がありました

香取慎吾ちゃんが、王子と呼ばれていた番組です。

慎吾ちゃん、アマノッチ、ウッディーの3人が、ゼンジー北京さんに弟子入りして、マジックを極めるコーナーでした。

ここで、ゼンジー北京さんが彼らに教えたことの一つに絶対にテレ笑いしてはいけない、ということでした。

これは今でも私にも記憶が残っています。

自分がマジックをするときも、テレ笑いは控えています。

真面目な顔をして面白いことを言うことで、ウケることができます。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.