マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品グッズ、本の紹介

アメやキャンディーが出てくるマジック 絵本の感想

更新日:

マジックブック+本物のキャンディー絵本 右手と左手どちらがやりやすい?

魔法のキャンディーという

マジックグッズを購入しました。

子どもに見せるマジックでウケがよくて、簡単なものを探していたからです。

 

普段から手元においておき、子どもの前でマジックをすることになったときに、使ってみようかと思いました。

 

購入前から、なんとなくイメージはついていましたが、実際に手にとってみると、こんな仕掛けになっているんだ~と、感心してしまいます。

 

テレビで見たことがある、マジックなんかも、この仕掛けの応用なのかなって思いました。

 

では、ここでは、どんな現象になるのかを紹介します。

魔法のキャンディーは、絵本の本体がネタとなります

あらかじめ用意しておくものがあります。

それは、キャンディーやアメ玉です

これは自分で用意します。

スーパーには最近、袋がついたキャンディーってあまり見かけなくなりました。

定番ですが、不二家のミルキーを買ってきました。

ミルキーのキャンディー

 

キャンディーをセットをして、絵本をみせます。

 

魔法のキャンディーのしょうめん

 

パラパラとページをめくります。

キャンディー絵本

 

 

すると、ディズニーのキャラクターと、キャンディーが掲載されているページが現れます。

キャンディーとミッキー

 

数ページをパラパラと見せます。

ミッキーマウスとキャンディー

 

そして、一度、ページを閉じます。

ページをとじると

 

おまじないをかけて、軽く絵本の本体を振ると、本の中からキャンディーがでてきました。

絵本からキャンディーが出現

 

今回は、7つほどのキャンディーをセットしましたが、まだ入ります。

 

そして、ここがクライマックスです

もう一度絵本の本体を開いてページをパラパラと開くと、ミッキーなどのディズニーキャラクターは残っているのに、

絵本のキャンディーが消えている

 

本の中のキャンディーだけが消えているのです。

アメの絵が消えた

 

絵の中のキャンディーが、本物になって絵本の中から出てきたという、現象なのです。

 

この絵が消える仕組みは、マジックブックと同じです

マジックブックに、本物のキャンディーが出てくる、というネタがくっついた仕掛けになっています。

何回か試してみました。

ちょっと気になるのが、どちらの手を使ったら、スムーズにページをめくることができるか?ってことです。

説明書どおりに演じると、右手で、絵本の本体を持って、左手で、ページをめくることになります。

 

ただ、左手で絵本をもって、右手でページをめくるほうがやりやすい方もいるかもしれません。

うちの妻にも使ってもらいましたが、「左手でページはめくりにくい」という感想を持ちました。

この絵本は、ページの始まりは、左手でページをめくることによって最初からめくることができます。

ただ、左手でめくりにくい人にとっては、右手でページをめくると最後のページからめくることになります。

どちらの手でもまったく演技には支障がありません

 

絵本本体を手にもったら、どちらの手でページをめくるとやりやすいか、試してみたらいいですよ。

新・魔法のキャンディー/ミッキーマウス

 

-手品グッズ、本の紹介
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.