輪ゴム手品の種明かし

輪ゴムマジック種明かし付き 2本の輪ゴムがすり抜ける貫通現象

更新日:

輪ゴムマジックで、2本の輪ゴムがすり抜けて外れるマジックの種明かしを紹介します。

このマジックは、

「クレイジーマンズ・ハンドカフ」という非常に有名な輪ゴムマジックです。

動画では実演と種明かしの解説しています。

 

 

ここからは、画像とテキストで解説していきます。

このマジックの現象は、2本の輪ゴムを使い、

 

左手の親指と、人差し指に輪ゴムをかけて、それをクロスさせるようにして、内側に輪ゴムをかけます。

当然、ひっぱっても外れませんが、

何度か繰り返しているうちに、輪ゴムが外れてしまう、という現象です。

このマジックの種明かしは、輪ゴムをひそかに外す動作が必要になります。

この動作を行うときに、相手に分からないように、自然な動作の中で外してしまいます。

 

2本の輪ゴムがすり抜けるマジックの種明かし

スポンサーリンク

 

外し方について、画像で解説していきます。

2本の輪ゴムを使います。

 

1本は、左手の親指と人差し指にかけて、

 

 

もう一本の輪ゴムは、すでにかかっているほうの内側に入れて、交差させます。

 

引っ張っても、はずれません、という動きの中で、

右手の人差し指にかかっている輪ゴムを、右手の中指でおさえます。

 

 

この状態のまま、右手の人差し指にかかっている輪ゴムを抜いて、

 

 

右手の親指にかかっている輪ゴムの中に、人差し指を入れてしまいます。

 

人差し指を親指に入れた瞬間に、輪ゴムはすり抜けてきます。

 

ただし、このままでは、輪ゴムが外れてしまっているのがバレてしまうので、すばやく、左手の輪ゴム同士を重ねます。

 

画像では、分かりやすいように、黒の太いゴムを使っていますが、通常の輪ゴムだと、重なっていても外れているかどうかは、分かりません。

 

ここでは、まだ輪ゴムが外れていないことをアピールするため、

 

重ねた状態で、数回、縦横に輪ゴムを動かします。

そして、ゆっくりと輪ゴムが外れていくところを見せていきます。

 

輪ゴム同士は、色が同じですので、重ねた状態では、相手が外れているのか分かりません。

そして、外れた瞬間を見せるときは、少しタメを作ってゆっくりと外していくのも演出の一つです。

非常に不思議な、輪ゴムマジックです。

スムーズに行えば、タネはバレにくいです。

一人で行う場合だけでなく、相手に輪ゴムを1本持ってもらって、外す演出などもありますので、その場に応じて行うこが可能なマジックです。

-輪ゴム手品の種明かし
-, , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2021 All Rights Reserved.