手品マジックお役たち情報

マギー審司 トランプマジックのカード当て手品からのどんでん返し

更新日:

ベタなカード当ては伏線、そこからの、どんでん返しがウケる

2015年1月11日放送の「笑点」に

ギー審司さんが、出演していました。

 

久しぶりにテレビで、マギー審司さんのネタを見ることができるので、楽しみにしていました。

最後のカード当てマジックがとても参考になりましたので、ここで紹介します。

 

まず、封筒の中のカードを見せました。

スペードのキングです。

そのカードを封筒の中に戻して、裏側を見せておきました。

そして、トランプの束をとりだして、シャッフルをしました。

お客さんにストップと言ったところで、一枚のカードを取り出しました。

ここで、お客さんに分かるような手つきでカードを操作しているふりをして、笑いを誘っていました

そして、カードの束から表われたのが、スペードのキングだったのです。

最初に、封筒の中のカードの、スペードのキングと一致していたのです。

ここで、マギー審司さんは、種明かしをします

シャッフルしたカードすべてがスペードのキングだったのですね

ここで、お客さんをがっかりというか、笑いをさそっておいて、からのどんでん返しです。

 

今度は、マギー審司さんは、バラバラのトランプの束を見せてから、カードをはじいていることろで、好きなところでお客さんにストップと言ってもらいました。

そして、お客さんがストップと言って選ばれたカードがスペードの9だったのです。

そして、ここで。カードが一致していたら、大きな拍手をお願いします、と引っ張っておいて、封筒のカードを取り出しました。

 

封筒のカードは、てっきり、さきほどのスペードのキングと思っていたら、スペードの9に変わっていたのです

 

お客さんは封筒の中のカードは、スペードのキングだと思っていたら、スペードの9に変わっていたので、カードが一致していたことと、封筒のカードが変わっていたことにより、

二重の驚きをさそうことに成功していました。

これは、やはり最初のベタなカード当てに伏線があったからこそ最後のオチが効いていたのですね。

このように、最後のオチにもっていくまでの展開が非常にうまいので、とても参考になります。

 

単純に、カードが一致していました、というのではそれほどインパクトがないのかもしれません。

しかし、伏線として、種明かしなり、誰でもできるようなネタを見せておいて、からのどんでん返しをもっていくと、お客さんを一層楽しませることができますね。

いわゆるサッカートリックを使ったマジックです。

サッカートリックとは、一度、種明かしをしておいて、実は違うマジックになっていた、というどんでん返しのあるマジックのことです。

マギー審司さんのマジックでは、

このような展開のもっていき方や見せ方が、本当に勉強になるので、参考にしていきたいと思います。

-手品マジックお役たち情報
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.