マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品日記 テレビのマジック番組の感想など

飲み会で手品、実践検証レポート、伸びる500円玉からの小ネタ

投稿日:

昨日、飲み会がありました。

そこで、前回、記事で紹介した小ネタをさっそく試してみました。

手品をストリートで使うための使える小ネタ

ポケットには

500円玉コインと

伸びる500円玉

そして、のび太くんとドラえもん

 

女性の目の前には、ビールが入ったグラスがある。

宴会中、となりの席の女性と会話の途中で、何気に女性のグラスを持ち上げて

「え?このグラス重たくないですか?」

「めちゃめちゃ重いですよ。30㎏くらいあるんじゃないですか?」

 

いきなりそんなことを言われたので、

その女性はとまどっている

「え?そんなことないですよ」

と言って、真剣な顔で答える。

そして、グラスを軽々と持ち上げる。

 

そのとき、

私「すっごい力持ちですね、怪力~! もしかして、握力とかも80㎏くらいあるんじゃないの?」

と言って、

「ちなみに、ここに500円玉あるんだけど、ちょっと人差し指と親指でつまんでもらっていい?」

と言って、500円玉を見せて、つまんでもらい、

「あれ、なんか500円玉やわらかくなってきてないですか?」

 

ほらほらほら、伸びる!伸びる!伸びる!」

すっげー500円玉のびちゃいましたよ~

と驚いていました。

 

そして、間髪入れずに、

「じゃ、もう一度これを人差し指と親指でつまんでもいらっていい?」と言って、つまんでもらい

「伸びた!伸びた!伸びた!、のびのび太~!」

と言って、のびのび太を出現させました。

すると、その女性本人も笑ってくれたのですが、近くにいた男性が大ウケで、大爆笑していました。

 

「なんなんですか?」

ぼく?ぼくドラえもん!

と、立て続けに、ドラえもんを出現。

しかし、

ドラえもんの出現まで、実際テストしてみましたが、

それほどウケた感じはしなかったです。

むしろ、若干、引いている感じでした。

 

結論から言えば、

今回は、ドラえもんの下りはいらなかったです。

 

のびのび太で、笑いをピークに持っていくことができたので、それ以上に深追いは必要がないです。

 

まぁ、このあたりのテストは、数回繰り返すことが望ましいです。

もしかしたら、ドラえもんまで出現させて、ウケる場合もあるかもしれないので、もう数回、検証していきたいと思います。

 

実演してみて思ったことは、マジックの導入部分についてです。

いきなりコイン手品を見せると言って、

500円玉を見せて、伸びる500円玉を披露するよりも、

上記のように、ちょっとしたエピソードやりストーリーを取り入れたやり方がとてもスムーズだった思います

 

つまり、500円玉が伸びるという理由から導入していったのです。

それは、相手が力持ち、怪力、当然握力のある、みたいな印象をあらかじめ植え付けます。

これは当然飛躍した内容でよいです。

「握力も80㎏くらいあるんでしょ」と飛躍したことを言ってから、手品に入りました。

 

そうすると、通常のコイン手品をいきなりはじめるよりも、ウケる度合いが違ってきます。

そして、なんとなくオチを予測できる人も周りにはいます。

 

「あ~、手品の現象として、500円玉が伸びたんだな」と思います。

これだと、まさに一般的なコイン手品かなと思う程度で、それほどのウケはありません。

そこから、良い意味で相手の期待を裏切ります。

 

もう一度、人差し指と親指でこちらをつまんでください、

と言って、

のびのび太を出現させる。

飲み会レベルでこの小ネタを持ち歩く人はなかなかいない。

そんな良い意味での期待を裏切ることによって、飛躍手的にウケる度合いが違ってきます。

ただし、小ネタでタイミングがばっちりあって、大ウケした場合は、もうそれ以上の小ネタを披露しても、それを越える笑いはなかったです

 

その場合は、もう通常の手品モードに切り替えて披露していくと、完全に、こちらのペースに持っていくことができました。

 

今回、特に小ネタへの導入部分のトークを参考にいただければ幸いです。

 

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.