手品日記 テレビのマジック番組の感想など

映画「トリック 劇場版2」がテレビで放映。パロディーやマジックもあり。

更新日:

 トリック劇場版2 ネタバレマジックから有吉まで

映画「トリック 劇場版2」が、2014年1月4日にテレビ放送されていました。

実は、私は今まで、TRICK(トリック)を見たことがなかったのです。

 

マジックが好きなのに、今まで見たことがなかったとはちょっと後悔していました。

今日見た感想ですが、かなり面白いのですね。

たとえば、マジックの種明かしがあったり、パロディー要素があったりなど。

トリック劇場版2は、お笑いコンビの「ゆーとぴあ」のホープさんもピースさんもが出演していました。

ギャグの「よろしくね」とパロっていたり、ゆーとぴあの有名な、ゴムパッチン芸も取り入れてしました。

また、売れないマジシャン・山田奈緒子こと仲間由紀恵さんがマジックショーをしていました。

コップが棒にくっつくように、吊り上っているマジックは不思議でしたね。

あれ、「コップ釣り」というマジックです

ステージマジックで使えそうなネタです。

そのほかにも、両手の間でボールを浮かせるマジック「アストロボール」も披露していました。

また。仲間由紀恵さんが、マギー司郎さんのマジックショーのアシスタントを務めているシーンなどがあったりそして、

マジックのネタバラシもあるなどマジックに興味にある人にとっては、とても楽しめる映画だと思いました。

イリュージョンの種明かしもしていました。

どうして、箱の中から、霊能力者・筐神佐和子(はこがみさわこ)こと片平なぎささんが現れたのか?

その前に、「筐」という字を読み方、「はこ」とはなかなか読めませんです。

話を戻します。

どうして、何も入っていない箱から、片平なぎささんが現れたのか?

それは、箱を組み立てる板を最初に見せてから、裏側に、片平なぎささんが、板の裏側につかまって、裏側を観客に見えないように移動させ、組み立てているのです。

イリュージョンって、ネタバレされると、結構、こっけいな姿を見せることになるので、見せたくないものですね。

夢を壊してしまいますから。

さらに、片平なぎささんは紐についた指輪が一瞬にして消えてしまうマジックを行いました。

そして、仲間由紀恵さんが、紐についた指輪が一瞬にして消えるマジックの種明かしまで解説していました。

なぜ、一瞬にして紐に結んである指輪が消えてしまったのか?

しかも、紙で出来た箱の中に、紐で結んだ指輪を入れ、紙でできた箱に火をつけたのです。

すると、箱が燃えてしまい、

指輪が消え、紐だけが残っていました。

どうやったんだろう?と思っていたら売れないマジシャン山田奈緒子こと仲間由紀恵さんが、あっさり種明かしを解説してくれました。

それは、袖の中に同じ紐は、そでの中にあるゴムとつながっていて、手を放すと指輪が結んである紐はそでの中に入ってしまいます。

手の中にはあらかじめ別の紐を隠し持っていて、炎が舞い上がったときに、手を離すと手に持っていた紐が下に落ち、

それとと同時に、指輪のついた紐は袖の中に入ってしまう、というトリックでした。

 

それから、村人の中に、有吉弘行さんが出演していたんですね。

これ、あらかじめネットで調べていたら、村人の中に有吉さんがいる、という情報があったので、注意してみていたら、確かにいました、有吉さん。

あらかじめ知ってて、意識して見ていないと、分からなかったと思います。

ストーリーの中盤くらいで発見しました。

そのほか、若いころの堀北真希さんもかわいかったです。

また、村が一瞬にして消えてしまう、イリュージョンなども取り入れられていました。

まさに、トリック劇場版2のオープニングンで解説していた、

第2次世界大戦中、イギリス軍の工兵隊として戦った、奇術師ジャスパー・マスケリンが行ったと言われれる、イリュージョンのようでした。

また、後半の格闘シーンなんかもくだらなくて面白かったです。

物理学者の上田次郎こと阿部寛さんの腕が伸びたり足が伸びたりなど、マトリックスのように、非現実的な動きがでてきたりなどがありました。

そして、ちょいちょ出でてくる、「よろしくねー」などのギャグに何度も笑ってしまいました。

映画「トリック劇場版 ラストステージ」は2014年1月11日から公開です。

いったい、どんなマジックネタやパロディネタが入っているのか楽しみで見てみたいと思いました。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2021 All Rights Reserved.