トランプマジックの種明かし

トランプマジックの種明かしで簡単なやり方を紹介します。

更新日:

上手にできたら「コンプリート!」と言ってみましょう。

トランプマジック 簡単なやり方

トランプマジックの種明かしで、簡単にカードを当てるやり方を紹介します。

このトランプマジックは、2019年6月11日放送の「教えてもらう前と後」で、マジシャンのDr.レオンさんが「マジック教室」という形で、やり方を種明かししてくれました。

 

見えないトランプの数字を言い当てるマジックです

とても簡単です。

わずか、1分で覚えることができます、とレオンさんは言ってました。

確かに、原理はすぐに理解することができます。

それでは、現象から紹介します。

 

相手によく混ぜてもらい、受け取って、トランプがよく混ざっていることを確認してもらったら

バラバラなカードです。

 

トランプの山を裏向きのままテーブルにおきます。

トランプ一組を使います

 

次に、相手にトランプの束を適当なところで二つの山に分けてもらいます。

トランプを2つの山に分けます

 

そして、マジシャンは、片方の山の一番上のカードの

マークと数字を言います。この場合は、左側のカードがクラブの6だと先に言います。

そして、カードをマジシャンの手元に持ってきます。

マジシャンは見えないカードを言い当てます

 

次に、もう反対側の一番上のカードのマークと数字を言います。ここでは、先にダイヤのエースだと

言ってから、カードをマジシャンの手元に持ってきます。

ダイヤのエースと言ってカードを持ちます

 

カードを表向きにした状態で、元の位置にカードを戻すと、マジシャンが言い当てたマークと数字が一致しています。

カードはクラブの6とダイヤのエースで当たっていた

 

見えないカードを先に言い当てるマジックの種明かし

スポンサーリンク

 

では、このトランプマジックの種明しとやり方を説明します。

まず、トランプ一組を相手によく切り混ぜてもらいます。

 

そして、マジシャンはトランプを受け取り、よく混ざっていることを確認してもらいます。

そのとき、さりげなく、一番上のカードを覚えます。ここでは、クラブの6です。

見えないカードを言い当てるマジックの種明かし

 

2つの山に分けてもらいます。

カードを二つの山に分ける

 

左側のカードの一番上は何のカードかは分かりません。

しかし、右側のカードの一番上は、最初に覚えたトップのカードなので、クラブの6だと分かっていますね。

 

そこで、左側のカードを取り上げます。取り上げる前に、左側のカードがクラブの6だと言います

そして、カードを取り上げてマジシャンだけが見ます。

クラブの6と言ってカードを持ってくる

そうすることによって、分からなかったカードが何か分かります。

このときは、マジシャンは、左側のカードは、ダイヤのエースだと分かります

 

そして次に、右側の一番上のカードに向かって、つまりクラブの6のカードの方に向かって「コチラはダイヤのエースです」と言います。そしてカードを手元に持ってきます。

ダイヤのエースと言ってカードを持ってくる

 

ここからが大事です。

さりげなく2枚のカードを重ねます。

2枚のカードを重ねる

 

そして、カードを置く場所を、先ほどとは入れ違えて

2枚のカードを入れ替える

 

置きます。そうすると、カードが置いてある位置と、言い当てたカードは一致します。

これでカードを先に言い当てることに成功したことになります。

元の位置とは反対側にカードを戻す

大事なところは、カードを重ねて、さりげなくお互いを反対の位置に戻すことです。

慣れないとm最初のうちは、どちらのカードを取り上げてよいか、一瞬迷ってしまいます。

そうならないためには、何度か試してみましょう。

また、くれぐれもカードをめくった後に、マークと数字を言わないように注意が必要です。

あくまでも、カードを持ってくる前に、まずは数字とマークを言ってから、カードを持ってくるようにしましょう。

-トランプマジックの種明かし
-, , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.