トランプマジックの種明かし

トランプマジック 4枚のカードを当てるやり方

投稿日:2014-01-12 更新日:

誰でもできる簡単なトランプマジックのやり方と種明かしを紹介します。

全力教室で(2014.1.12放送)、マジシャンのkilaさんが、簡単なトランプマジックを教えてくれました。

 

演出としては、相手の表情から選ばれたカードを当てるマジックです。

全力教室では、E-GirlsのAmiさんや溝端淳平さんが、チャレンジしてみましたが少しぎこちなかったです。

ただ、やり方をしっかり覚えて、何回か練習して見るとスムーズにできることと思います。

まずは、どんな現象か紹介していきます。

用意するのは7のカード4枚です。裏側にしたカードをバラバラに混ぜた状態で、

7のカード4枚をバラバラにまぜる

 

4枚の中から1枚カードを選んでもらいます。

1枚カードを選んでもらう

 

選んだカードを覚えてもらいます。ここでは、ダイヤの7が選ばれました。

ダイヤの7のカードが選ばれた

 

 

そして、戻してもらいます。

カードを戻してもらう

 

ここでもう一度、バラバラに混ぜてしまいます。

カードをバラバラに混ぜる

 

ここで、1枚ずつカードのマークを言っていきます。

7のカード4枚を見せる

 

順番に、「スペード、クラブ、ハート、ダイヤ」と言います。

そして、選ばれたのは、「ダイヤの7」と当てることができました。

ダイヤの7を当てるカードマジック

 

このマジックの種明かしは、相手の表情で当てているのではなく、別のところで、どのカードが選ばれたかを、知ることができているのです。

それは、カードの向きです。

良く見ると、ダイヤの7の真ん中のマークの位置が他のカードと上下が違っていますね。

ダイヤの7のカードを当てる

 

トランプマジック 4枚のカードを当てるやり方

スポンサーリンク

 

それでは解説します。

4枚の中からカードを選んでもらうときには、真ん中のマークは同じ位置です。

7のカードのマークはすべて同じ方向

 

そして、相手がカードを一枚選び、そのカードを覚えているときに、

ダイヤの7以外のカードの向きを変える

 

自分が持っている残りの3枚のカードの向きを上下入れ替えてしまいます。

3枚の7のカードの上下を入れ替える

 

そうすると、覚えてもらったカードが戻ってくると、そのカードの真ん中のマークだけが、他の3枚のカードのマークと上下が違っているのです。

ダイヤの7のカードを当てれる

 

マークの位置が、他の3枚と違うことによって、どのカードが選ばれたかが、分かるのです。

だた、これだけだと演出的に面白くもないですし、不思議さにインパクトがありません。

そこで、「あなたの表情から当てる」、という演技をすことによって、不思議さを演出することができるのです。

-トランプマジックの種明かし
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.