マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品マジックお役たち情報

お札にペンを刺すマジックのミスレッド、分かりやすい解説動画ショップはこれ

更新日:

スポンサーリンク

お札にペンを貫通しても破れないマジックの紹介です。

ミスレッドってご存知ですか?

お札を鉛筆で裂いても、破れないというマジックです。

まずは、ユーチューブに動画がありますので、ご参考ください。

ミスレッドは、

世界的に有名なマジシャンのデビッドカッパーフィールドが演じたこともある、有名なマジックです。

 

私もそのマジックを演じたくて、かなり昔に購入しました。

当時、イラストと英語による解説だけでした。

なので、理解することができませんでした。

使いこなすことができないまま、お蔵入りしていました。

ミスレッドマジック

 

もっと詳しい解説があったらいいのにって思っていました。

その後、最近ですが、動画解説付きというので

某マジックショップから購入しましたが、

 

解説が1カメラ方向だけだったのでやっぱり分かりにくかったのです。

そこで、2店目で購入したマジックショップの動画解説がとても分かりやすかったので、紹介します。

その前にもう一度、ミスレッドがどんなマジックか紹介します。

お札が貫通するマジック

 

相手から、お札を借りて演じることができます。

2種類の貫通現象を見せることができます。

ペンでお札を裂いても破れない

 

一つめは、鉛筆をまっすぐに突き刺して、さらに、横から割いても、破れません。

おさつが破れないマジック

 

次に、お札を折った状態で、

ミスレッドマジック

 

その間に鉛筆を入れて、

お札が貫通するマジック

 

 

ゆっくりと(ここが見せ場!)

お札がペンで破れないマジック

 

鉛筆が溶けるように貫通していきます。

 

そして、最後にはお札も鉛筆も、相手に渡すことができて、調べてもらうことも可能です。

ただし、習得するにはちょっと練習が必要でした。

そして、どのようにギミックを扱うかが、分かりにくかったのです。

 

そこで、詳しいと思った動画解説と一緒に販売されているマジックショップを見つけました

英語の解説ですが、映像を見るだけで、十分理解できました。

なによりも、カメラがマジシャン側からも撮影しているので、映像を見ながら自分でも手の動きをどのように動かすのか分かりやすいのでした。

そのマジックショップは、

「King of Magic」です。

ミスレッドの販売ページ

結構な確率で売り切れになってしまいますが、定期的にチェックしていると再入荷されます。

もちろん、ミスレッドでも欠点はあります。

それは、角度に弱いです。

後ろ側から見られると、演じることができません。

その場合は、サイキックペンのようなボールペンでお札が貫通するマジックのほうがよいですが、

サイキックペンのようなネタは、あまりにも出回り過ぎて、一般の人からはネタバレしやすくなっています。

また、演じた後、すぐに「そのボールペン見せてよ」て言われます。

その点、ミスレッドの場合はそれほど、ネタそのものが出回っていないので、バレにくいものだと思います。

そして、何よりも最後は、相手に鉛筆を手渡しできるというところも良いです。

ミスレッドは、購入してすぐにできるものではありません。

ある程度練習は必要です。

でも、詳しい動画解説を見ながら身に付けたいと思っている人にとっては、参考になるかと思います。

スポンサーリンク

-手品マジックお役たち情報
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.