マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

メンタリズムの種明かし

DaiGoの心を読むトレーニング方法とネタバレ情報

更新日:

DaiGoの人の心を読むトレーニングとネタバレ情報

 

人の心を読むことはできるの?

どのようなトレーニング方法があるの?

DaiGoさんは、本当に相手の表情や仕草から心を読むことができるの?

テレビでやってたパフォーマンスは本当?

 

こういった疑問にお応えします。

 

今回は、メンタリストDaiGoさんの相手の心を読むためのトレーニング法を紹介するとともに、DaiGoさんが以前、テレビでやっていた、相手の表情や仕草から心を読むことは本当なのか?本当に、表情や仕草から相手の心を読むことができるのか?といったネタバレ情報も紹介します。

 

スポンサーリンク

DaiGoの心を読むためのトレーニングとは

ここでは、メンタリストDaiGo氏が、毎日行っている、心を読むためのトレーニングを紹介します。

 

人の心を読むとは?

人の心を読むとは

人の心を読めると、どんないいことがあると思いますか?

相手の行動を予測することができますので、物事を進める際に、相手よりも優位性を持つことができます。

メンタリストDaiGoさんなら、テレビでやっていたパフォーマンスなどのように、相手の行動を予測できるので、未来を予測することは簡単なので?思いますよね。

 

実は、未来を予測するのと、相手の行動を予測するのは、全くの別物だそうです。

しかも、未来を予想するのは、ほぼ不可能と言っています

 

まず、人の行動を予測した上で、自分の出方を決めます。

その上で、相手は、このように行動するだろう、と予測を立てることが重要だと言います。

 

人の行動の順序は、「考える」、次に「行動する」と言った流れになります。

 

そのときに、この「考える」、つまり「考えていること」に、いかにフォーカスすることが大切になってきます。

かつてのDaiGoさんは、テレビに出演して、人の心を読んだり、当てたりするパフォーマンスを行っていましたが、もうやりません。

 

これは、ご本人が言ってましたが、人の表情を見ただけで、当てることはできないと言うことです。表情を指摘していたのは、単に相手にプレッシャーを与えているに過ぎないということです。

あくまでも、テレビ用のパフォーマンスだったということです。

 

普通に考えても、人の心が本当に読めるのであれば、ビジネスで使ったほうが、得することは明白です。

なぜなら、消費者が考えていること分かれば、どんな商品を作って売ればよいかもわかりますし、ビジネスシーンにおける交渉の場でも、相手の考えていることが分かれば、苦も無く有利に話を進めることができるからです。

 

心を読むとは、相手の悩みを理解すること

相手の悩みを読むこと

心を読むということは、何かあいまいでぼんやりしていますが、日常生活において、活用されるべき心を読むということは、相手の悩みを理解することです。

 

人には必ず、悩みやコンプレックスがあります。これらを解決したいとき、お金を払います。

 

人の悩みや弱いところがわかり、その解決方法を提示すれば、いくらでも人を集めることができます。

ある解決策を見せて、希望を抱いてしまうと、お金を払う人がどんどん出てきます。

そこにつけ込んで、多額のお金を集めるといった、集団も存在しますね。

 

いずれにしても、大事なことは、世間の思い込みや信じ込みに惑わされることなく、自分自身や他人をきちんと見ることです。

人の心を読むというよりも、悩みを読むことが重要になります。

 

人とのコミュニケーションにおいて本当に大切なことは、人の心を読むことではなく、悩みに共感し理解してあげることです

 

ビジネスも同様です。人の悩みを解決するためのサービスであり商品です。

 

世の中にはいろいろな悩みがあります。

「暇」を持て余している人には、どんな解決策があるのか?

YouTubeで、人によっては、つまらないと感じる動画をながながと見る人がいます。その動画は「暇」という悩みを持っている人にとっては、暇な時間をつぶすといった、問題を解決するためのもになります。

例えば、マジックを覚えたいという人に対しては、まわりから注目されたい、人気者になりたい、人前で何か芸をしなくちゃいけない、という悩みを持つの人の問題解決にもなりますね。

 

このように、日常生活においては、人の心を読むというよりも、悩みを読むことが大切になってきます。

それでは、、メンタリストDaiGoさんが行っている、悩みを読むチカラを向上させるためのトレーニング方法を紹介します。

 

瞑想による基本トレーニング

DaiGoさんがすすめている、人の心を読むためのトレーニングの一つは、「瞑想」です。

瞑想は、継続しておこなわなければ、効果があらわれてこないため、継続的に行うことをすすめています。

この瞑想をすることによって、人の心を読む能力も向上していくと言われています。

 

人の心を読むということは、前述した他人の悩みを予測することが重要になってきます。

 

悩みを予測するためには、何が重要かといいますと、それは「共感するチカラ」を鍛えることが必要になります。

 

まず、瞑想が、共感力を鍛えることに直結することを認識して、ありのままに、相手の考えていることや感情であったり、自分の今の気持ちなどを、素直に感じ取ることが大切になります。

 

瞑想は続けないと効果がない

瞑想が続かない、効果が感じていない人はどうしたらいいの?

瞑想を行う場合も目標が必要になります

期間や一日の回数、最低何週間くらい続けるかなど、数値を定めることです。

 

また、瞑想にもいろいろなタイプがあります。

目的に応じた瞑想を行うほうが、効果が高くなります。

 

ハーバード大学の研究によりますと、1日20分程度の瞑想を、8週間続けると効果が出てくると言われています。

目標は20分の瞑想を習慣化することなんですね。

瞑想の効果がでてくると、共感するチカラが高まり、心が読めるようになると言われます。

その結果、人にやさしくなれるということです。

 

最も効果が高い瞑想法とは

ここで紹介するのは、最も効果が高いと言われている瞑想法です。

それは、「ヴィパッサナー瞑想」といいます。

この瞑想は、今の自分の状況を、実況中継するといったやり方です。

 

今は座っている・・・、体温は少し肌寒い。・・・外からは風の音が聞こえる・・・などひたすら心の中に浮かんでくる今のことを、余計な考えなどをはさめずに、一点に集中して、ひたすら実況中継する方法です。

 

自分を理解できれば、相手も理解できる。

自分の心の動きや感情の揺れ、誘惑に対する弱さなどを冷静に観察することができるようになれば、相手も同じような状態のとき、いらだつことなく、理解することができるようになります。

 

カルフォルニア大学の研究によりますと、「慈悲の瞑想」といった方法があり、6週間続けるとポジティブになったという結果得られています。

 

慈悲の瞑想とは

慈悲の瞑想とは、自分や他者を思い浮かべながら、慈悲のフレーズを唱える瞑想法のことです。

自分自身に対して、思いやりの気持ちを向けながら、「私が幸せでありますように」「私の悩み苦しみがなくなりますように」といったフレーズを祈りながら瞑想します。

また、自分の大切な人たちに向けては、「私の大切な人たちが幸せでありますように」「私の大切な人たちの悩み苦しみがなくなりますように」というフレーズを唱えながら瞑想をします。

 

このように瞑想法といってもいろいろあります。

瞑想をすることによって、思い込みに影響を受けにくくなりますし、動揺しにくくなります。

 

人間はもともとある程度は、人の心を読む能力が備わっています。

いわゆる空気を読む、って程度はできますよね。

それ以上の能力を高めるためには、余計なことに意識を向けないようにすることが必要になってきます。

思い込みといったバイアスがかかっている状態から脱却するためには、やはり瞑想がいいということになります。

 

数息観(すうそくかん)

瞑想の中でももっともシンプルに、すぐにできる瞑想法が「数息観(すうそくかん)」です。

数息観は、座禅を組んで、静かに自分の息を数える方法です。

ゆっくりと呼吸していきいますが、息を吸う時間に対して、息を吐く時間を2倍にして呼吸をします。

例えば、4秒吸ったら、8秒間息を吐くといった間隔です。

さらに、ここで、1回ずつ呼吸の回数をカウントしていく際には、きりの良い数字でやめるのではなく、中途半端な回数でやめて、また1に戻ります。

10や20といった、きりの数字は眠気を誘うことから、21や27など適当な中途半端な数値で、元に戻るという数え方が好ましと言われています。

 

DaiGoの表情や仕草で心を読むは嘘(ネタバレ)

表情からは心を読み取れないネタバレ

それでは、次は、表情や仕草で人の心を読むことができるか?ということのネタバレ情報です。

まずは、テレビでDaiGoさんが、どんなパフォーマンスを言っていたかを紹介します。

 

テレビでメンタリズムの種明かし

メンタリストのDaiGoの、テレビで紹介されていた「人の心を読む方法」について紹介します。

2012年11月30日放送の「金スマ」で、メンタリズムパフォーマンスのタネ明かしを公開してくれました。

今回タネ明かしをしたパフォーマンスは、人の心を読むからくりです。

相手が選んだものを当てるやり方を教えてくれました

最初の実験台になったのが、司会の中居正広君です。

テーブルの上に用意された、4種類のボール。

4つの中から、中居君が選んだものを当てるというパフォーマンスです。

バスケットボール
野球ボール
ラグビーボール
サッカーボール

これらの中から、どれか一つを選びそれをDaiGoさんが当てるというもの。

中居くんが選んだのは、サッカーボール。

どれを選んだか分からないように、それぞれのボールが並んでいる順番も変えた。

DaiGoさんは、中居君にそれぞれのボールを見せていきながら、全部「いいえ」で応えてもらうよう指示しました。

そして、DaiGoさんは見事中居君が選んだサッカーボールを的中させたのです。

なぜ、当てることができたのか?

もちろん耳には何も入っていない。

事前打ち合わせもしていない。

質問に答えているときの表情を確認していたのだ。

一番に注目したのは、首の振り方に注目したという

 

そして、次に注目したのが、体の動きだそうだ。

人は図星になると、腕を組んだりする、という。

サッカーボールを見せられた瞬間に、中居くんは腕を組んだのです。

これで、サッカーボールだと確信したのです。

 

そして、そのからくりが分かったところで、今度はベッキーが挑戦。

ベッキーが選んだのは、「バスケットボール」。

DaiGoさんは、すべて「いいえ」と答えてもらうように指示し、ベッキーに1個ずつ聞いた。

サッカー 「いいえ」

ラグビー「いいえ」

野球 「いいえ」

バスケットボール「いいえ」

次はすべて「はい」で答える。

ベッキーが選んだのはバスケットボールと当てた。

体も動かすことなく、そして一切表情を崩さなかったと思ったが、唯一違うところが あった。

それは・・・バスケットボールのときだけ、 「瞬き」をしたのです

DaiGoさんが言うには、大切なことは、「どれが違うかを見る」 ということだそうだ

首を横に振る
首を縦に振る
瞬き、
ポケットに手を入れるなど。

他のときと、どう違うかによって当てることができるのだ。

金スマでは、番組スタッフがストリートで同じ実験をした映像が紹介された。

一人の女性は、「瞬き」が違っていた。

そしてもう一人の男性は、自分の選んだものには「腕を組んだ」 のです。

この違いを分かることによって、相手の心を読むことがだれでも出来る、ということが証明されたのでした。

 

これも嘘?

このような、テレビ放送が過去にありましたが、これは単なるエンターテイメントとして、テレビ用のネタということが、後からわかります。

なぜなら、後述していますが、このようなパフォーマンスをやっていたDaiGoさん自身が、人の表情や仕草では、心を読むことはできない、「嘘っぱち」と言っていたからです。

新子景視は本物の超能力者?ブレインダイブの種明かし

ブレインダイブってなに? 新子景視(あたらしけいし)さんって誰? 本物の超能力者? ブレインダイブの種明かしは? こういった疑問にお答えします。 新子景視さんが有名になったきっかけは、今までにないメン ...

 

DaiGoの告白 表情で読み取るのは嘘

DaiGoのテレビパフォーマンスは嘘

ここで、衝撃的な事実を紹介します。

テレビでやっていた相手の表情から心を読み取るというのは、実は嘘だったということを、DaiGoさん本人の動画で告白しています

 

「はっきり言います、嘘です」と。

 

テレビの相手との心理戦を行っているときに、あなたは今腕を組んでいましたね。そのときは、自分への防御の現れです。そのためあなたが言っていることは嘘ですね。

といった、やり取りを行っていました。

このように、相手の仕草や表情から心を読んで、相手を追い込んでいくパフォーマンスが有名でした。

 

しかし、本人も言っているとおり、嘘っぱちだったのです。

 

最新の研究によりますと、人間は相手の表情や仕草を見ただけで心を読むことは、できない。

逆に、的中率は落ちると言われています。

テレビは、単なるエンターテイメントであったことから、本当のことを言えなかったそうです。

相手の仕草から分かっているというのは、単なるプレッシャーをかけているだけであって、そこから分かるものはないとのことです。

DaiGoさんは今後は、テレビではもう心理戦のパフォーマンス行わないと言ったので告白したのでしょう。

https://youtu.be/RqSJxD1bm2U

 

では、相手の心を読むために必要なことは、相手に対する共感力を鍛えることが必要とのことです。

ただ、いきなり共感力を高めることは難しいため、もっと手軽に相手の心の動きを読む方法はないのでしょうか?

それは、目を閉じて、相手の声のトーンに集中するとのことです。

DaiGoの嘘を見抜くための5つの方法

  相手の嘘を見抜くにはどうしたらいい? 嘘を見抜く方法ってあるの? メンタリストDaiGoが提唱している嘘を見抜く方法を知りたい   こういったリクエストにお応えします。 &nb ...

 

最後に

いかかでしたか?

今回は、人の心を読むためのトレーニング方法として、「瞑想」を紹介しました。

また、DaiGoさんがテレビで行ってきた、相手の表情や仕草から心を読み取るというのは嘘だったということで、テレビで実際に放送された内容についてのネタバレ情報を紹介しました。

DaiGoさんが自ら告白していたことから、テレビで行っていたパフォーマンスは、エンターテイメントだということがお分かりいただけたかと思います。

スポンサーリンク

-メンタリズムの種明かし
-, , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.