マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

トランプマジックの種明かし

トランプマジックのやり方、これはすごいよ。(動画付き)

更新日:

トランプマジックのやり方。これはすごいですよ。

15枚のカードを使います

 

すごいと言われるトランプマジックをやりたいけど、それでいて、簡単なものってないかなぁ~仕掛けのないトランプを使って、最後にカードが上にあがってくるみたいなマジックをイメージしているんだけど・・・

 

このようなリクエストにお答えします。

 

このトランプマジックを身につけることによって、まわりから「すごい」と言われる可能性が高まります。簡単ながらも、もちろん、仕掛けのない普通のトランプでできます。

 

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

マジック歴25年、会社員のかたわら週末に、施設、イベント、飲み会でマジックを披露するほか、手品講座を依頼される週末マジシャンです。

 

こういった私が、解説していきます。

 

スポンサーリンク

マジックといえばトランプ

「マジックを披露します!」といって期待されるのはトランプマジックです。

それほど、マジック=トランプということが定番となっています。

人前で、「マジックを披露します」と言ったときに、トランプを取り出すと、「おおっ!」と期待されることでしょう。

 

すごいと言われるもの

このトランプマジックは、妻が小学生の頃、クラスの発表会で一人で見せたものです。

成功したとき、クラスのみんなが「すごい」と言ってくれたそうです。

私にとって何がすごいかというと、マジック素人の妻が、小学生の頃覚えたトランプマジックを、いまだに正確に覚えていたということです。

しかも、タネはわからないけど、この順番どおりにやってみると、相手の選んだカードが、上にあがってくるという簡単でありながらもすごい手品です。

 

カードが出てくる当て方

このトランプマジックの当て方は、15枚のカードを使います。

数回、相手に、カードがどの山にあるかを聞いていきます。

最後には、相手の選んだカードだけが、上に飛び出すようにあがってきます。

 

仕掛けのないトランプで

普通のトランプでできます。

仕掛けのあるトランプを使うと、すぐに「そのトランプ見せて」とか、「仕掛けがかあるんじゃないの?」と言ってくる人がいると思います。

そう言われると、精神的にもよくありません。

このトランプマジックは、仕掛けのない、普通のトランプでできます。

 

すごいトランプマジック動画による実演

動画では実演のみですが、この順番どおりにやっていけば、カードを当てることができます。

 

すごいトランプマジックのやり方

用意するのは15枚のカード。

この中から好きなカードを1枚覚えてもらいます。ここではハートのAを覚えたことにします

15枚のカードからハートのAを覚えた

 

次にトランプを3つの山に分けます。そして、さきほど覚えてもらったカードが、この山にあるかどうか、聞いていきます。この場合は、ハートのAが入っているか聞いていきます。

カードを3つの山に分けます

 

まずは左端の山を手に取り、相手に見せて、「この中にさっき覚えたカードが入っていますか?」 と確認してもらいます。

カードの山の左端から相手に見せます

 

最初の山にハートのAが入っていますね。入っていれば、相手に「入っている」と言ってもらいます。

相手の選んだハートのAが入っています

 

相手の選んだカードが入っていた山を、残りの2つの山で挟むようにして置きます。写真では手にもっていた山を、隣の山の上に置きました。

相手の選んだカードの山を真ん中に挟みます

 

そして、右端にあるカードの山を、最後に乗せます。

右端にあるカードの山を上に重ねます

 

3つの山を一つにしたら、再び手に持ちます。

 

そして、もう一度、右から1枚ずつ順番に3か所に カードを置いていき、3つの山を作っていきます。

 

そして、もう一度左側のカードの山から、相手に見せて、相手の選んだカードが入っているか聞いていきます。

左端から相手に見てもらいます

 

一番左側のカードの山にありましたので、相手は「あります」と答えます。

ハートのAが入っていました

 

相手が「あります」と答えたカードの山を、残りの二つの山で挟むために、手に持っていたカードの山を隣の山の上に置き、右端の山を、その上におきます。

相手の選んだカードが入っている山を真ん中に挟めます

 

そして、再び、右端から1枚ずつカードを3か所 に置いていき、3つの山を作ります。

3つの山をカードで作ります

 

もう一度、左端から、相手の選んだカードが入っているか聞いていきます。一番左側の山の中にはありませんね。相手は、「ない」と言います。

相手に選んだカードは入っていません

 

2つ目のカードの山に「ハートのA」が入っていたので、相手は「あります」と答えます。

相手の選んだハードのAは入っていいました

 

次に、相手が「あります」と言ったカードの山の、一番上から1枚カードを持ち、一つ目のカードの山の上に、少しずらして、1枚目のカードを置きます

1枚ののカードを上半分にずらしておきます

 

2枚目のカードは、下側に少しずらして置きます。

2枚目のカードは下半分にずらしておきます

 

3枚目のカードも同じ要領で、手に持っているカードを、最後は全て上下にずらしながら、置いていきます。

同じ要領で、上半分に置きます

 

手に持っている全てのカードを置き終わったら、

全てのカードを上下ずらしておきます

 

左側にあった残りのカードの山を、そのまま写真のように重ねます。

残りのカードの山を一番上に重ねます

 

写真のように、このような状態になります。

トランプを持ちます

 

次にそのトランプ全体を持ち上げて、上の出ているカード全体を、

トランプの上半分が出ているところを

 

手で下におろしていきます。

上から手でトランプを下に押します

 

次に、下に出ているカード全体を、手で上に上げていきますと、

下から手でトランプを上げます

 

相手が選んだハートのAだけが、上にあがってきます。

相手の選んだハードのAがでてきました。

 

あなたが選んだカードはこれですね」、と言って終わります。

この順番の通りやっていくと、相手の選んだカードだけが上にあがってきますので、試してみてください。

「うわ、本当だ!」ってやってる本人も驚きますよ。

 

スポンサーリンク

-トランプマジックの種明かし
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2022 All Rights Reserved.