マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

トランプマジックの種明かし

子供に見せる簡単トランプマジックのやり方、ハンカチも使います

更新日:

子供に見せるトランプ手品で、ハンカチを使ってとても簡単にできるカード当てマジック を紹介します。

 

今回、ご紹介するのは、ハンカチにかぶせたトランプの束を、相手に適当なところで分けてもらい、その分けたところのカードの数字とマークを当てる、というカード当てマジックです。

まずは、参考までにどんな現象か、動画でご覧ください。

 

「トランプ手品は難しそう」、「手先が器用じゃなきゃできない!と思っているかもしれませんが、実際には器用さを必要としないトランプマジック もあります。

また、数回練習してみると、「意外と簡単だったよ、それなりにできるもんなんだ」と実感するかもしれません。

まずは、気軽な気持ちで取り組んでみてください。

用意するものは、トランプ一組とハンカチです。

ハンカチは少し大きめで、トランプ全体が隠れるくらいの大きさのものを用意します。

 

それでは、現象から紹介します。

トランプの表を見せて、バラバラなカードであることを見せます。

バラバラなトランプ一組

 

次にトランプの束を裏側にして、その上にハンカチをかぶせます。

トランプにハンカチをかぶせる

 

ハンカチで、トランプ全体を隠したら、

トランプをハンカチで隠す

 

相手に、トランプを数枚まとめて取ってもらいます。このとき、相手には「人差し指と親指で、数枚トランプを適当に持ち上げてください」などと言います。

トランプを数枚取り上げる

 

 

そして、適当に分けられたトランプの束の、下側の束、つまり、マジシャンが持っているほうのトランプの束を、下に置きます。

残ったトランプを下におく

 

このとき、マジシャンは「適当なところで分けられましたね」と言います。

そして、相手が持っているトランプの束をハンカチから 取り出し、最初に置いたトランプの束から少し離れた別の場所におきます。

相手が持っているトランプを置く

 

適当に分けられたトランプの束の一番上のカードの数字とマークをマジシャンが言い当てます。ここでは、「このカードはスペードの8!」と言って、そのカードを表向きにすると、マジシャンが言った数字と マークが一致してます。

スペードの8を当てる

 

これでカード当てが成立します。

どうして分かったのか、不思議だと思います?

子供に見せるトランプマジックのやり方

スポンサーリンク

 

それでは、種明かしとやり方を解説をします。

まず、「バラバラなトランプです」と言いながら、カードを表向きにし、相手に見せます。そのときに、表向きの状態の場合、一番下のカードのマークと数字をさりげなく覚えてしまいます。ここでは、スペードの8を覚えてしまいます

 

そして、トランプの束を裏向きにしてハンカチで隠すときに、

 

ひそかに、トランプの束全体を表向きにします

 

ハンカチの下のトランプの束が表向きになった状態で、相手に数枚、カードの束を適当に持ち上げてもらいます。ここで注意するとこは、あまり高く持ち上げないようします。マジシャンが持っているトランプの束が、見えてしまわないようにするためです。

 

マジシャンが持っている、下側のトランプの束をハンカチから取り出して、下に置きます。このとき、さりげなく、裏向きに返して置きます

 

相手が持っている残りのトランプの束もハンカチから取り出す時、裏側に戻して、先ほどのトランプの束とは少し離れたところに置きます。

 

最後に、「あなたが、適当にが分けてくれたところのカードは、スペードの8です!」、と最初に覚えたカードの数字をマークを言ってから、カードを表向きにします。

 

いかがでしたか?とても簡単ですので、スグにできると思いますが、練習しないで、いきなり人前で見せると、緊張して、トランプを裏返しにするところが見えてしまうかもしれません

数回、誰にも見せずに練習してみてから、家の中で、子供や家族に見せてみましょう

たとえ、一度や二度失敗しても、あきらめないでください。

別の人に見せるときには、以前よりも上手に見せることができますので、数回、いろいろな人に試してみてくださいね。

-トランプマジックの種明かし
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.