トランプマジック手品初心者が、この人プロ!?って思わせる方法

手品初心者で、

トランプ手品のレパートリーを増やしたいと思っている方へ

 

私が、20年以上も演じ続けているトランプ手品のルーティンを紹介します。

 

ヤフオク出品中

初心者が、この人プロ!?って思わせるカードマジック

 

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

あなたは、手品を披露するとき、こんな経験ありませんか?

 

例えば、飲み会、合コン、宴会などで、

あなたの知人・友人から

初対面の相手に対して、「手品ができる人」と紹介されたとき、

 

「手品できるといったって、どうせ、しょぼい手品でしょ」

と思われたことありませんか?

 

それは、仕方がないことです。

 

会社員をしながら、趣味で手品をやっていると紹介されたとき、

たいていは、

「どうせ、インチキ手品でしょ」という

ちょっと小バカにしたような態度で見てきます。

 

会社員で、趣味で手品ができる人 = 素人の手品、 = 「インチキ手品」

一般の人には、こんな構図が出来上がっています。

 

「自分の目の前に、本格的な手品ができる人なんて、めったにいない」

だから、今、目の前にいる人も手品ができると言っても、どうせ

ベタな手品をする人、と思われます。

 

実は、そう思ってくれることが、私にとって一番うれしいのです

 

なぜなら、相手の期待値が低いからこそ、そこから、期待を裏切るくらいの手品を見せたとき、

相手が、予想以上に驚くからです。

 

今まで小バカにしたような態度から、一変します。

そのとき、相手の鼻をあかすことになるので、

めちゃめちゃ優越感を持つことができる瞬間なのです。

 

あ、今では、そんな態度にださないようにしています。

あくまでも謙虚にふるまっています。

そのほうが相手からも好印象を持たれるからです。

 

でも内心は、この瞬間、

「手品やってきてよかった~」と、いつも思います。

 

特に、トランプマジックを披露する場合がそうです。

その場で、トランプを見せたとたん、

「なに飲み会にトランプなんか持ってきているだよ」

みたいな空気で見られます。

 

「どうせ、あなたの選んだカードはこれですね」

というカード当てをすると、思われます。

 

実際にカード当てだけだと、相手の期待値を上回ることは難しいです。

 

私は、手品を覚えたての頃は、悩んでいました。

もっと、手品のレパートリーを増やしたい、

とくに、トランプ手品では、流れるような手順を身につけたい、と切実に思っていました。

 

そこで、覚えたのが、このトランプ手品です。

 

今でもこのトランプ手品を演じています。

一つの鉄板となるルーティンを覚えておくととても役立ちます。

特に、緊張する場面や、他の手品がうまくできなかった場合、気持ちもあせってきます。

 

そんなとき、唯一の自分の鉄板となる手順を覚えておくと、

落ち着いて、自分のペースを取り戻すことができるからです。

私にとっての鉄板となる手順がこれです。

 

ヤフオク出品中

初心者が、この人プロ!?って思わせるカードマジック

 

今まで、トランプ手品といったら、相手の選んだカードを当てる、という手品しか演じていなかったら、この手順がお役に立つかもしれません。

相手の期待とを大いに上回るカードマジックを身に着けてみませんか?

更新日:

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.