トップ >  割り箸手品の種明かし > 割り箸のバランス手品

 

割り箸のバランス手品

割り箸バランス手品のやり方とタネあかし

について紹介します。

割り箸2本をクロスに持ちます

割り箸の手品は、居酒屋などもできます。

ただし、この手品に関しては、

ちょっと事前準備が必要です。



割り箸のバランスマジックの現象は、

2本の割り箸を両手の人さし指、中指、親指で、

クロスするように 持ちます。

 

 

親指を離しても割り箸は落ちません

そして、親指をゆっくりと離します。

親指を離しても、2本の割り箸は、

バランスを保ったまま、落ちません。

不思議ですね。

 

 

 

 


種明かしはカッターを用意します。

わりばしのバランス手品を演じるには、

ちょっとした準備が必要です。

 

用意するものは、

割り箸とカッターナイフです。

 

 

 


カッターで割り箸に切り込みを入れます

カッターナイフで、割り箸に

切り込みを入れます。

 

 

 

 

 

 

 

割り箸にささくれができます。

 

あまり薄く切って、すぐに取れて

しまわないように、

 

画像のように指と指で挟んで、

とれないくらいの大きさの切り込みを

入れます。

 

 

 

人差指と中指で割り箸のささくれをはさみます

 

ささくれをつくった状態にしておきます。

右手の人さし指と中指に、

わりばしのささくれ部分を挟む

ようにして、持ちます。

 

あとは、左手のほうには、

通常の割りわりばしを、クロスの状態で

上に乗せるだけで、

バランスを保つことができます。

 

あらかじめ、タネをしかけてある割り箸と、

しかけのしていない 割り箸を用意しておいて、

一緒に行うものよいかと思います。

 

相手には、しかけのない割り箸を渡して、

「一緒にやってみましょう」


という形をとると、面白いしょう。

 

相手はもちろんできなくて、自分だけができるところに

不思議さを演出することができますね。

 

 

【スポンサードリンク】