トップ >  割り箸手品の種明かし

 

割り箸の手品の種明かし

割り箸を左手に持つ割り箸手品種明かしとやり方に

ついて紹介します。

割り箸(わりばし)を使った

手品(マジック)も 人気がありますね。

日常用品ですので、違和感なく

使うことができますね。


この割り箸を使った手品は

宴会でも通用するかと思います。

以前、金曜バラエティというNHKのテレビ番組で、

Mrマリックさんが、一般の人に教えていたものです。

正面に、割り箸を1本手に持ちます。




割り箸が上にあがった

 

おまじないをかけると、

割り箸が上のほうへ動き出します。

とてもシンプルですが、

オープニングに披露してもよいかと思います。

ちょっとした宴会芸でも使えるかと思います。


このわりばし手品の種明かしとやり方を

紹介します。

 

 


動く割り箸手品のタネ

 

この割り箸 マジックには準備が必要です。

ホチキスと輪ゴムを用意します。


ホチキスの針をかなづちで叩いて、

輪ゴムを割り箸に止めます。


 



動く割り箸の種明かし

写真のような感じでしっかりと、

輪ゴムをとめておきます。





 



では、セットの仕方について説明します。

 


輪ゴムを親指にかける

まず親指に輪ゴムをかけて、

割り箸を下へ押しておきます。







 

 



割り箸手品の持ち方

 

しっかりと下へおろしたら、

左手の親指で、押さえておきます。


 

 







割り箸を人差し指と親指でおさえる

相手が見えるほうからは、輪ゴムが

見えないように、

 

割り箸の裏に真っすぐになるように

かまえておきます。


 

そしてなにか、おまじないをかけるポーズをとります

 




手をゆるめると割り箸が上がる

軽く親指の力を抜くと、

割りばしが真っすぐ上にあがります。


わりばしが横になったり

ななめになったりしないように

 

バランスに注意しながら、

練習してみましょう。

 

大切なところは、輪ゴムがちゃんと割り箸で隠れるように

まっすぐ持つことです。

この手品は、一つ作っておけば、持ち歩いて

いろいろなところで使えるかと思います。

 

大勢が集まったところでは、一発芸的な要素もありますので、

試してみてはいかがでしょうか。

とっても便利なマジックだと思います。

 

 

【スポンサードリンク】