輪ゴム手品の種明かし

輪ゴム手品のやり方 親指を貫通する輪ゴムマジック

更新日:

輪ゴム手品やり方について紹介します。

ここで紹介する輪ゴム手品の種明かしは、親指を貫通するマジックです

これは昔、テレビで手品の種明かし番組がはやった頃に覚えたものです。

結構使えるかと思います。

ときどき依頼される手品教室でも取り入れてます。

あなたはやり方をしっかりマスターして、一度見せてあげてから、一緒にやってみようと言って、教えてあげるとその場が盛り上がることと思います。

まずは、左手の親指に輪ゴムをかけます。

左の手の親指のわごむをかける

 

次に輪ゴムを写真のようにひねります。

右手で輪ゴムをひねる

次に、左手の人指し指で、外側の輪ゴムを写真のようにひっかけます。この左手の人差し指をかけておくことが、後でタネをつくるところになります。

左の手の人差し指で輪ゴムをひっかける

 

そのままの状態で、右手を手前側に回転させてきます。

右手の輪ゴムを手前に回転させる

 

ここで、左手の人さし指を、親指の付け根付近にひっぱるようにして持っていきます。

 

そして、左手の人さし指を輪ゴムから抜くと、左手の親ゆびの付け根あたりに玉ができて、それが引っかかっている状態になります。

最後に左手の人差し指を輪ゴムから抜く

 

最後はゆっくりと、右手人さし指と親指を広げながら、輪ゴムをずらしていくと、さきほど作った玉が外れて、輪ゴムが外れます。

 

まるで、輪ゴムが親指を貫通しているように見えます

この輪ゴム手品は、一連のひっかけまでをスムーズにできるように なることが大切です。

慣れるまで少し難しいと感じるかもしれません。

何度も練習して、もたつかないようになりましょう。

おそらく、ひっかかるところの感覚が一番難しいところかと思いますが、何度も練習しているうちに、玉の引っ掛かる感覚が分かってきます

その感覚が分かってきたら、余裕を持って見せることができてきます。

そして、最後の貫通するところだけは、早くやってしまと、相手に理解してもらえません。

いったんセットが出来たら、「親指にかかっている輪ゴムが貫通します」とこの場合は、先に言ってもよいかもしれません。そうでないと相手が理解してもらえない可能性もあるからです。

そしていったん、間を作って相手が理解したと思ったら、一気に貫通するように見せるとよいでしょう。

輪ゴムマジックでは、一種類よりも数種類のバリエーションを覚えておくとよいでしょう。

-輪ゴム手品の種明かし
-, , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.