輪ゴム手品の種明かし

輪ゴムマジック 指を貫通する輪ゴムの簡単手品の種明し

更新日:

輪ゴムマジックで、指を貫通する簡単手品の種明しとやり方について紹介します。

 

この輪ゴムマジックは事前の準備さえできていれば、すぐにできる簡単な輪ゴムの貫通マジックです。

この輪ゴムマジックは以前、テレビのマジック番組でもやり方とタネあかしをしていました。

ただし、このマジックのタネを知らない人に見せたときは、思いのほか、ウケることがあります。

あまりにウケるので、種明かしをするのがもったいないと感じることがあります。

まずは、輪ゴムマジックの貫通現象について説明しますね。

相手に自分の中指をしっかりと握ってもらいます。「けっして中指を離さないでください」と言います。「あなたが私の中指を握ったままでは、私の中指に輪ゴムを入れることはできないですよね」と言います。

 

その状態で、輪ゴムを中指に貫通させるという手品(マジック)です。

タネが分かると、なーんだと思うかも知れませんが、現象だけ見ると、とても不思議に思えるマジックです。

まずは、その指にハンカチを上からかけます。そして、ハンカチの下から輪ゴムを入れていきます。

 

そして、ハンカチをはずすと、相手は自分の指を握ったままのに、輪ゴムが中指に貫通しているのです。

この輪ゴムマジックの種明かしは、あらかじめ自分の手首輪ゴムを1本かけておくことです。そして、袖は服でしっかりと隠しておきます。

 

上からハンカチをかけるときは、自分の手首あたりも隠れるようにかけます。

 

この輪ゴムの貫通マジックでは、使わなない輪ゴムの処理の仕方に、ちょっと工夫が必要です。

やり方は、ハンカチの下から、右手で輪ゴムを入れて、一度左手で輪ゴムを持ちます。

そして、空いた右手で、左手首にかかっている輪ゴムをおろして きます。

最後にハンカチをとるときには、左手に持っている輪ゴムと一緒にとって、ハンカチの中に隠してしまうと、うまく処理できます

とてもシンプルなタネですが、タイミングがあうと、とてもウケます

オープニングにこの輪ゴムマジックを披露してから、輪ゴムの移動マジックや、切れない輪ゴムの復活マジックなど、次の輪ゴム手品に移るとスムーズに展開できます。

大切なのは流れです

マジックは単発で終わらないようにすることです。

輪ゴムを使ってマジックを見せたなら、その輪ゴムをテーマにいつくかのマジックを見せていくことが大切です。

-輪ゴム手品の種明かし
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.