トップ > 輪ゴム 手品の種明かし > 輪ゴムの復活

 

輪ゴムの復活手品のやり方

輪ゴム1本輪ゴムの復活手品のやり方

ついて紹介します。

 

この手品は、輪ゴムを切っても、

切れていないという

現象になります。

この輪ゴムの手品は少々練習が要ります。

と言っても、そんなに難しくはありません


使うのは輪ゴム一つだけです。

この切れない輪ゴムマジックも、

結構定番ではありますので、覚えておくと良いでしょう。



簡単なマジックとはいえ、演じる人や見せ方によって


とっても不思議にそして、面白くも演出すること

ができます。


それでは、やり方を説明していきますね。

 


輪ゴムを人差し指と親指にかける

 

 

まずは、人さし指と親指に輪ゴムを

写真のようにかけます。






 





 

次に、左手の人さし指と親指で、

輪ゴムの真ん中あたりをつまんで

引っ張ります。







 




 

引っ張りましたら、

右手の親指と人さし指をくっつけた状態で、

 

右手を半回転、手前にひねると、

写真のような輪ゴムの形が出来上がります。









 

ここで、左手の中指を、写真のように、

右手のほうに出来ている輪の中に

入れてしまいます。

他の指はしっかりと輪ゴムを

持っていてください。





1本の輪ゴムのように見える

そのまま、中指を握るようにして

手の中ほどへ入れていきますと、

 

人さし指と親指で、輪ゴムの端を

つかむことができるようになります。

輪ゴムは2重になっていますが、

かるくねじったりして、一本のように

見せることが大切です。



輪ゴムでパチンと音を立てる

歯でかんだり、思いっきり引ちぎる

演技をすると同時に、

 

左手の親指と人さし指の力をゆるめて、

輪ゴムの端をはずします。



「パチン!」というゴムの音が出るくらい

効果的ですね。

このはずす演技は思いっきり行うことが大切です。



輪ゴムが復活します

 

そして、写真のように、

切れた部分をくっつけているような

演技をします。





 




1本の輪ゴムに戻りました

 

最後に、切れた輪ゴムが復活している

ということを言って、

 

輪ゴム全体を見せてあげるとよいです。




以前、テレビでマジシャンのセロががおこなっていのは、

輪ゴムの一部を握っていました。

 

そして、輪ゴムは切れていないということを言いながら、

 

その指で握っている箇所を隠している

そぶりをしていました

そして、相手が「そこの指で押さえているところがあやしい!」

と言わせて、わざと引き寄せて

実際にはつながっているという演技です

この演技が入ると、とても不思議なマジックになりますので

ご参考ください。