トップ >  つまようじの手品の種明かし > つまようじのクイズ

 

つまようじのクイズ

つまようじつまようじを使ったマジックの合間に、

簡単なクイズを覚えておくと役立ちますよ。

 

手品を見せていると、「タネを教えて」という話題になることもあります。

その要求に対して、「ダメ」とストレートに言うと、

その場の雰囲気が悪くなることもあります。

 

そうならないためには、種明かしの話題になる前に、

その爪楊枝を使って、クイズを出すのです。

 

手品からクイズにシフトすることにより、種明かしの話題から逃れることができます。

そのためには、いくつかのクイズを覚えておくと役立つことでしょう。

ここでは、爪楊枝を使った簡単なクイズをご紹介します。

これを覚えると、たとえあなたが手品ができなくても、

居酒屋で飲み会などのときに、すぐに簡単に話題を提供することができますし、

同席の人が手品をみせたときにも、

 

あなたは「手品じゃないけれど、こんなクイズなら知ってるよ!」と言って、

自分に注目させることができます。


このクイズは、2013年5月28日放送のIQサプリ2013で

出題されたクイズなのですが、番組ではマッチ棒を使って行っていましたが、

爪楊枝でも十分できるものです。

それではご紹介します。

 


つまようじのクイズの問題

 

まず、つまようじを9本使って、写真のように配置します。

 

一見すると、「ハロン」という文字に読めますね。

 

 

 

 

クイズの問題は

『これに1本のつまようじを足して、「あまい食べ物」にする』、です。

 

 

少し考えてみてください。

 

 

つまようじクイズの答え

 

 

答えは、口の真ん中に横に一本足します。

 

 

 

 

 

 

そうすると、真ん中の文字は漢字の「日」(にち)となりますね。

八日は「ようか」と読むことができます。

最後の文字もつなげて読むと「ようかん」になります。

 

つまようじやマッチ棒が、全部で10本あればできますので、

今スグ、おうちの人に見せてあげましょう。