トップ >  つまようじの手品の種明かし > 爪楊枝を消す手品

 

爪楊枝を手に叩いて消す簡単手品は居酒屋でも使えるよ

爪楊枝を消す簡単な手品のやり方と仕方を紹介します。

この爪楊枝を使った手品を覚えると、居酒屋で合コンや
飲み会を行っている ときなど、

女性との 距離を縮めることができます。

なぜなら、 「もっと近くで見て」というセリフを使うため、

自然に女性に近づいて見てもらうことが できるからです。

爪楊枝のかわりに、マッチ棒でも当然できます。

それでは、爪楊枝を消すマジックのやり方を説明します。

 

 

 

左手を前に出した状態で、右手に1本のつまようじを もった状態で、

左手の手の平に上におきます。

 

 

 

 

「これから3回、この爪楊枝を手の上でたたくので、 爪楊枝をよく見ていて」

 

などという セリフを言います。

 

「もっと近くでよく見ててよ」みたいなことを言う
だけでも良いしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、あなたは、「いち、に、さん」と言いながら

 

 

 

 

 

 

 

 

爪楊枝を叩くように軽く振ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、「さん」、で爪楊枝が消えてしまいます。

あなたは自分で後ろを振りかえってもよいでしょう。

「後ろに飛ばしていない」ということをアピールしましょう。

 

 

そして、さらにもう1本、爪楊枝を取り出して、
同じ 動作をしながら、

今度は「に」で消します。

 

そして、最後は「いちで消える場合もあるよ」といいながら
3本続けて消します。

 

このくらい行うと、相手の女性も、爪楊枝がどこにあるか
気づいてくれることと思います。

 

この爪楊枝を消す手品の種明かしは、

頭の近くまで手を 振りながら、同じ動作を繰り返しながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛に 爪楊枝を入れてしまう、ということです。

 

大切なのは、相手にしっかりと手の上にある爪楊枝に
集中してもらうことです。

 

そして、あなたの目線も絶対に上のほうを見ることなく
手の平だけを見ながら行うことです。

 

このマジックは、「何か手品を教えてほしい」と言われた ときにも、スグに
教えることができますし、

 

あなたが目線を動かさずに上手に演じることができれば、 その技術に感心
されることと思いますので、頑張って 練習してみてください。

 

仮に、種明かしをしていたとき、髪の毛がない人が 近くにいると、

 

 

「俺はできないだろ!」、という突っ込みが 入ってくる可能性があります。

それはそれで笑いとして流すことができますし、

その人が行なう場合には、

耳に挟めてくるように 教えてあげると良いですよ。

コツとしては、耳に爪楊枝を置いてくる、というイメージで軽く差し込むと 良いでしょう。

 

ただ、爪楊枝は先端がとがっているので、手品を行うときは、取り扱いに
注意が必要ですね。

 

【スポンサードリンク】