トップ >   トランプマジックの種明かし > トランプマジック 簡単ですぐに       

トランプマジック セットをすれば簡単にすぐにできるよ

 

うちの妻も数回練習したら、すぐにできるようになった

トランプマジックを紹介します。

 

 

 

覚えたら楽しくなったようで、

何度も見せられました。


 

これは、2014年4月24日に放送された、

「L4YOU!プラス」というテレビ番組の大人の趣味時間という

コーナーで、

 

プロマジシャンの遠藤大河さんが、教えてくれたトランプマジックです。

 

 

 

使うのはトランプ一組。

カード当てマジックなのですが、

 

ちょっとしたどんでん返しがあるので、

普通に当てるより驚かせることができます。

 

 

 

ダイヤのカードを集める

このトランプマジックの種明かしは、

セットにあります。

 

まず、1組のトランプから

ダイヤのカード13枚を集めて

順番にそろえます。

 

 

 

 

ダイヤのキングのカードを分ける

 

 

ダイヤのキングだけを分けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤのAからクイーンをそろえる

 

 

ダイヤのエースからクイーンまでを

そろえて、

 

 

 

 

 

 

全体をひっくり返す

 

 

全体を裏返しにします

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤのキングをひっくり返したカードの上に置く

 

ダイヤのエースの上に、ダイヤのキングを

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤのキングが表向き

 

 

表向きのまま置きます。

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤのキングの上に残りのカードを乗せる

 

 

その上に残りのトランプをすべてのせます。

これでセット完了です。

 

 

 

 

 

 

相手のカードを選ばせる

 

そして、1枚カード選んでください、

と言って

 

相手に選んでもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

クラブの10が選ばれた

 

ここではクラブの10が選ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプの山を二つに分ける

次に、あなたは自分の持っている

トランプの山を

二つにわけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

分けたカードの上に相手のかーどを置く

 

そして、分けた上側の山の上の一番上に、

相手が選んだカードを

おきます。

 

 

 

 

 

 

残りのカードの山を上に置く

 

その上に残りのトランプの山を

すべておきます。

 

 

 

 

 

 

 

カードにおまじないをかける

おまじないをかけてから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤのキングだけが表向きに現れる

 

そして、トランプを広げてみると、

1枚だけ表向きのカードが現れます。

ダイヤのキングです。

 

 

 

 

「あなたの選んだカードはこれですね」

「いいえ違います」

となります。

 

そして、あなたはこう続けます。

 

 

13番目のカードが

「実は、これは13番目のカードにあるという

意味でした」と言い、

 

カードを数えていきます。

13枚目のカードを表向きにすると、

 

 

 

 

 

相手の選んだクラブの10を当てる

 

相手の選んだカードを当てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの12枚のカードを表向きにすると

 

そして、最後に、

「実はこちらカードは、すべてダイヤの

カードが そろっているのです。」

と言って、

 

 

 

 

 

すべてのカードがダイヤのカード

数をかぞえた12枚のカードを表向きにすると

すべてのカードがダイヤとなり、

 

13枚のダイヤのカードが、

1~13まで順番にそろいます。

 

 

 

一度相手のカードを当てるのを間違えてから、

13枚目で当てる、

 

さらにすべてダイヤのカードが集まっている!

というどんでん返しのトランプマジックを試してみてください。

 

 

[ スポンサードリンク】