トップ > 手品マジックお役たち情報 > 周りが黙ってしまう

 

手品を見せると周りが黙ってしまう、

手品を見せたとたん、

一瞬で変な空気になったことありませんか?

 

私が、手品を覚えた頃は、

「どうして、私が手品を見せると、黙りこくってしまうんだろう」

と、本当に悩みました。

変な空気になるんですね。

自分としたは、もっと驚いてくれたり、不思議に思って

くれたりして、何らかのリアクションが欲しいと思って

いたのですが、シーンとしてしまって、

その後は、自分でもどうしてよいか分からない場面が

多々ありました。

 

おそらく見てる人は、タネがどんなふうになっているんだろう?

と考え込んでいるんですよね。

 

そこで、昔マジックショップへ行って買い物をしたついでに

ディーラーの方に聞いてみたことがありました。

 

ディーラーというのは、マジックグッズを実演販売

している人のことです。

その人がいうには、「それは、オチを作ってないからだよ」

と言ったのです。

ちゃんとお客さんが、拍手やリアクションを取りやすいように

オチを作らないと、変な空気のままになってしまうんですね。

強弱が必要なのです。

 

分かりやすい例でいえば、マギー司郎さんやマギー審司さんは、

最初の小ネタを入れて、最後に大ネタといいますか

ちゃんとした手品を取り入れてます。

 

また、マギー審司さんは、

「耳がでっかくなっちゃった」とか「コインがでっかくなっちゃた」

などとても分かりやすく、拍手やリアクションをとっても

らいやすいネタなどを取り入れてます。

 

このように、相手にマジックを見せて、変な空気にならないためには

分かりやすいオチをしっかりと入れることが大切です。

 

これらの意識しながら、マジック番組に出演しているマジシャンの

手順や見せ方を参考にされるとよいです。

 

そして、自分なりのオチを作っていくことをおすすめします。