マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品マジックお役たち情報

手品をストリート(街中)で使う、こんな小ネタは面白いかも

投稿日:

最近、ストリート(街中)でも手品を披露して、道行く人を驚かせたり、楽しませたりすることができないものか、考えたりします。

例えばこんなときに・・・

先日あった出来事です。

レッドブル(RedBull)というエナジードリンクをご存じですか?

 

仕事の関係者と3人で飲みに出かけていたことの出来事です。

1件目では、焼き肉とビールをたらふく食べて飲んで、

2件目のお店に移動している途中でした。

 

そこで、レッドブルの宣伝カーを見かけました。

ちょうど、その車の近くを歩くと、

きれいなお姉さんが立っていて、レッドブルを持っていました。

「1缶飲みませんか?」と声をかけられました。

 

レッドブル缶のキャンペーンで、無料でその場で貰うことできるのです

ただし、その場で缶を開けて飲まなければならないというルールがあります。

私たちは、1件目でもそれなりに食べて飲んでいました。

これから2件目ではワインを飲みにいうところ。

 

そこで、炭酸飲料を飲むのは、ちょっと厳しかったのです。

女性「飲むと、エネルギーがでますよ~」

私「1缶はどれくらいの量が入っているの?」

女性「250mmlです」

といった何気ないやりとり。

 

私「今、お腹いっぱいだし、それにこれからワインのみに行くのでやめておきます」なんて。

普通に、お断りしました。

その時、普通にやり取りして終わったことに、あとからちょっと後悔の念がでてきました

 

その後悔したこと、というのは、

そこで、手品につなげることができたら、楽しいだろうなということでした

 

例えば、レッドブル缶を女性から受け取ったとします。

そのとき、めちゃくちゃその缶が重かった演技をします。

 

「うゎ、このレッドブル缶、めちゃくちゃ重いですね。鉄の塊みたいですよ。」

「30㎏くらいはあるんじゃないですか?」

「お姉さん、平気でこんな缶持っているなんて、よっぽどの怪力ですいね~」

こんな感じで、ちょっとボケみると面白くないですか?

 

そして、ここからが手品への切り替えです。

「握力も80㎏くらいあるんじゃないですか~?」

 

「ちょっとここに、500円玉あるんですが、人差し指と親指でつまんでもらえますか?」

と言って、

「がっちり、つまんでみてください。なんか感じましたか?」

「そうです、もう一度、しっかりとつまんでください。」

「そうそう、そうすると、ほらほら、伸びてきました」

と言って、伸びる500円玉を使用します。

そして、最後に「伸びた!伸びた!すっげー怪力!!!」

とやったら、どうだったでしょう?

 

もちろん、これ細身のきれいなお姉さんだから通用するギャグですけど。

多分、ウケただろうな、と思いました。

 

そして、さらにここから追い打ちをかけます。

「もう一度つまんでもらえますか?」

 

あるものをつまんでもらいます。

 

そして、「伸びた!伸びた!伸びた! のびのび太~!」と言って

のび太のフィギュアを出現させます

 

ここまでで、十分なオチのパターンになりますが、さらに追い打ちをかけるタイミングをまつ。

そのとき、その女性が、

「なんなんですか?」と聞いてきたら

 

「僕?ぼく、ドラえもん」

 

と言って、最後にドラえもんのフィギュアを出現させます。

ここまでできたら、完璧だと、想像を働かせました。

 

バスの中でのストリート手品の場合

これも、こうやっておけば面白かったかな、という話題です。

先日、バスに乗っていた時のこと。

満員電車の中だったのです。

 

私と、知人2人で立っていました。

私たちの正面には、オバちゃんが一人座っていました。

そのオバちゃんは、暇していたのか、いちいち私たちの会話を聞いていたのです。

何か話しかけたそうな雰囲気でした。

 

そのとき、私が「あれ、細かいお金もってなかったので、降りるとき、両替しなくちゃならないわ」というと、

そのオバちゃんが、自分の手に持っていた小銭を数え始めました。

おそらく、私のために、両替をしてあげようと思ったのでしょう。

でも、両替する分までは、小銭をもっていなかったのです。

 

私より、降車口の近くにいた、知人が、

「バスから降りるとき、スムーズに降りられるように両替しておきますね」

と言ってくれた。

 

私「あ、じゃ俺、大きいのしか持ってないから、これで両替してもらえるかい?

と言って、

ジャンボ500円玉を見せると、そのおばちゃんには、驚いて、ウケただろうなということもありました。

 

ストリート手品では、小ネタこそ有効

こうしてみると、街中では、手品で人を驚かせたり、楽しませたりできるシチュエーションて山ほどあると、思いました。

少し、視野を広げて活動していきたいと思います。

ストリートで手品を見せる場合には、不思議だけの現象見せても、不思議なだけでウケないかもしれません。

でも、小ネタを取り入れながら、展開していくと、ウケるのかなと思います。

もちろん、こんなチャンスはめったにないかもしれませんが、

常に、小ネタをポケットに入れておくと、千載一遇の機会に出会うことがあるかもしれません。

こんな手品の使い方、とても面白いと思いませんか?

-手品マジックお役たち情報
-, , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.