手品マジックお役たち情報

新宿カウボーイの小ネタはカードにペンでサインを書くときに使える

更新日:

2014年1月2日放送の新春お笑い名人寄席に新宿カウボーイという2人コンビの漫才師が登場しました。

メガネをかけた小さいほうが石沢勤さん

体の大きいほうがかねきよ勝則さんです。

彼らのネタで、マジックで使えそうな小ネタがありましので紹介します。

 

石沢「僕らの名前を知らない人がいましたら、メモをしいていってください」、

石沢「もしもペンを持っていない人がいましたら、 彼がペンを持っていますから」、

かねきよ「え?僕ペンなんか持ってないですよ」

石沢 「そこにあるじゃないか」

かねきよ「これ、ペンじゃなくて、しゃもじです

と、言って胸ポケットから取り出したのが、「しゃもじ」でした。

 

しゃもじの取っ手の部分だけ、ペンのよう見せておいて、上着の左上の胸ポケットに入れておいたのです

 

そして、取りだしたら、しゃもじだった!というネタです。

これって結構マジックでも使えるかと思います。

トランプマジックで、カードに名前を書いてもらう場面がありますね。

クロースアップマジシャンの前田知洋さんが、よく行っているカードマジックで、アンビシャスカードなどに使えます。

 

「こちらにペンがありますので、これでカードにサインを書いてもらえますか?」

と言いながら、取り出したら、しゃもじだった!というネタで使えることと思います。

 

今回、新宿カウボーイさんは、ペンの下部分をしゃもじにしていましたが、別のものでも応用することができるかと思います。

今、自分の部屋の周りを見渡してみましょう。

例えば、スプーンやフォークにするのもいいですね。

「ミニチュア おもちゃ」とかで探してみると、面白いものが見つかるかもしれません。

ペンの半分を切って、その先に、取りつけます。

そして、マジックでペンを使う場面がきたら、それを見せるのです。

 

当然、前フリが必要ですね。

相手に「ペンを持っていますか?」とわざと聞いてもいいですし、そして、「あ、私が持っていました」と言って取り出しますが、「違いました・・・」という演出をするとか。

ペンを探すふりをして、相手に「あなたの胸ポケットにあるわよ」とわざと相手に言わせてから、

「いや、これスプーンだから」と言って、ペンの半分から、スプーンになっているものを見せるなどです。

このように、マジックでは一つ一つの動作において、普通に行うのか、そのプロセスにおいて、小ネタを入れるかで、マジックの面白さが、グっと変わってきます。

もちろん、それは演じるマジシャンのキャラクターにもよりますが・・・

前田知洋さんが、このような小ネタを入れても、あまり似合わないかもしれません。

ただ、アマチュアマジシャンで、飲み屋とかでマジックを見せる程度であれば、ほとんどがお笑いの要素を求められる場面なのかと思います。

そこで、しゃもじような意表をついた、小ネタを入れるとウケることと思います。

自分のマジックを振り返ってみて、マジックの合間合間で使っているものや、見せているものに取り入れることができないものか?

そして、それを日常の使っているもの、意外なものなど、普段の生活の中で見つけようとすると、あなたのマジッククライフが一層楽しいものになることと思います。

-手品マジックお役たち情報
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.