トップ > 手品マジックお役たち情報 > 前田知洋マジックのセリフ

 

前田知洋のマジックのセリフから学ぶ

2016年3月15日の深夜放送の「志村の時間」

に前田知洋さんが出演。

 

「アンビシャスカード」というトランプマジックを披露。

 

前田知洋さんがマジックを披露している時に言ってたセリフが、

とても参考になると思ったので、紹介したいと思います。

 

マジックが上手でもしゃべりが苦手なマジシャンは

かなり多いかと思います。

マジックは、いくらテクニックや現象を不思議に見せても、

マジシャンのセリフが面白くなければ、そのマジックは

2度と見たいとは思われないでしょう。

 

どうすれば、しゃべりが上手になれるのでしょうか?

 

そんなとき参考となるのが、テレビ出演しているマジシャンの

セリフです。

 

テレビでマジックを披露するプロマジシャンは、

テクニックも相当ですが、しゃべりも本当にしっかりしていますね。

 

そんなプロマジシャンのセリフを研究することは

あなたが実際にマジックを見せるときにもとても役立ちます。

 

普段から、テレビに出演しているマジシャンのセリフにも注意して

見ることをおすすめします。

 

今回、志村の時間に出演した前田知洋さんが

見せたトランプマジックは、アンビシャスカード

という作品です。

 

アンビシャスカードというのは、相手に1枚カード

サインをしてもらい、そのカードがトランプの束の

真ん中あたりに入れても、指をならすと、トランプの束の一番

上にあがってくるという現象です。

 

前田知洋さんは、テレビでマジックを披露する際には、

必ずと言っていいほど、毎回、このトランプマジックを見せます。

 

まず、カードにサインや名前を書いてもらうときに、

前田さんは、「志村さん、誰が一番サクラっぽくないですか?」

と志村さんに話しかけていました。

 

これは、なかなか使えるアプローチですね。

 

通常であれば、直接、誰かにカードを選んで、サインを

書いてもらうところを、志村さんに話しかける、というところから始め、

ワンクッションおいたアプローチは、参考になると思います。

 

橋本マナミさんに「ハートとダイヤどちらが良いですか?」

と聞いて、

ハートと答えてた橋本マナミさんに、ハートのAの

カードを渡しました。

 

ここで、橋本マナミさんにサインを書いてもらい、

前田知洋さんは、

以前、ハートのAにサインを書いたことがありますか?

ないということは、これは世界で一枚だけのカードですね

と言ってました。

 

このセリフはもう前田知洋さんの定番のセリフですね。

 

そして、カードを真ん中あたりに入れて

指を鳴らし、真ん中にいれたはずのカードが一番

上にあがってきました。

 

ここで前田知洋さんは、

「指を鳴らすと彼女が常に一番上に来るということです」

と言いい、

さらに、「フジテレビの社長になるかも!」

と続けて言ってました。

 

これは、マジックの現象のタネを追求される前に、

話題を橋本マナミさんにむけて、相手をほめるという方向に

もっていってました。

このセリフも大変、参考になります。

 

例えば会社の中で、平社員などにこのマジックを見せて、

将来、この会社の社長になるかも!」なんて

ほめてあげるということに使えますね。

 

さらに前田さんは

「社長になっても僕のこと忘れないでください」

と言ってました。

 

そして、続けざまの現象に、まわりから

「なんで、なんで」と連発された返しのセリフで、

前田さんは、

「社長になるからです」と応えてました。

これも新しいパターンですね。

 

通常、ギャグで返す場合は「手品だから」とか

「練習したから」という定番の返しがありますが、

これらのセリフは、前田さんには似合わないです。

 

「社長になるから」と言ってさらに、

「もしかしたら総理大臣になるかも!?」

かなり飛躍したセリフでしたが、アリだと思います。

 

私も、ためしに使ってみたいと思います。

 

後半、橋本マナミさんが、

「これって練習すればできるようになるの?それとも生ま

れつきの才能とか?」

というなかなかキツい質問を前田さんに投げかけました。

 

すると前田さんは

なんででしょうね?お母さんに聞いてみないと分からない


と返してました。

今回紹介したセリフをあなたも、自分のマジックを見せるときに

取り入れてみてはいかかでしょうか?

 

もちろん、自分の言葉で言いやすいように改良することが

大切です。

 

【スポンサードリンク】