トップ > 手品マジックお役たち情報 > アマチュア 真似する

 

アマチュアならウケるネタをどんどん真似しよう

2015年1月13日、NHKで放送された、

「応援ドキュメント 明日はどっちだ」

というテレビ番組で、面白いネタが紹介されていました。

 

関ジャニ∞が司会の番組だったのですが、

登場したのは、マギー憲司さん、というマジシャン。

 

マギー一門のマジシャンで、売れない崖っぷちマジシャン35歳

ということで紹介されていました。

 

しゃべりもあまり得意でない、マジックそのものも

手先が不器用ときているのです。

 

師匠のマギー司郎さんの付き人として、舞台でマジックを披露したり、

ストリートや居酒屋でマジックの腕を磨く日々。

 

そこで、マギー憲司さんの舞台の様子が放送されていました。

 

そこで、面白いなと思ったネタがありました。

最初にスプーンを見せて、スプーンの柄をこすると、

「伸びたー」と言って、スプーンの柄が長く伸びたのです。

 

次にお札を出して、それをこすると、

「お札が伸びたー!」と言って、お札を横に伸ばしていました。

 

そして、最後に、ドラえもんの人形をバッグに入れて

取り出すと

「のび太ーー!」と言って

のび太の人形を出現させていました。

 

舞台を見ていた、子供たちにはウケているようでした。

 

マギー司郎さんのコメントによると、

「あれはオレが考えてあげたやつなの」というのです。

「プロなら自分ならではのオリジナルがなきゃだめ」

ということを言ってました。

 

確かに、プロとして活躍するのであれば、誰かのまねではなく

オリジナルのネタであったり、しゃべりが必要だと思います。

 

ただ、あなたもそうかと思いますが、アマチュアとしてマジックを

身に付けて、その辺の人に見せる程度であれば、

 

どんどん面白いネタやセリフはパクって使ってもアリだと

思います。

 

テレビで、プロマジシャンやお笑い芸人などがしゃべった

面白そうなネタをどんどん取り入れて、見ている人に

とってウケているのであれば、それはオッケーだと思います。

 

たとえば、マジックを見せたときに、相手から

「なんで?」

と言われれたときに、

「練習したから」というセリフ。

タイミングがあえば、笑ってくれます。

 

マジックを見せたときに、

「もっとゆっくり見せて」と言われたら、

「こーのーてーじーなーはー」と、ゆっくりしゃべりながら、

動きもスローモーションで見せる

など、

 

これらは結構、メジャーなネタです。

でも、ウケます。

 

アマチュアにとって大切なことは、ウケないオリジナルを

追求するよりも、目の前の人に、いかに楽しんでもらうかを

第一優先に考えることが大切です。

 

なので、テレビなどで披露された面白そうなネタは、

どんどん自分でも試してみることをおすすめします。

 

もちろん、プロはオリジナルでウケるネタを作りださないと

ならないですね。

 

番組では、マギー憲司さんが、ピン芸人の登竜門である

R-1グランプリに出場を決めて、オリジナルのネタを作っている

様子が放送されていました。

結果はどうなったのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】