手品マジックお役たち情報

マギー司郎のマジック、ハプニングのサイコロ手品のサッカーダイスボックス

投稿日:2014-01-02 更新日:

マギー司郎さんのマジック、デヴィ夫人に邪魔されちゃいました

マギー司郎さんが、ハプニング。

 

マギー司郎さんが、お笑い名人寄席でコラボのデヴィ夫人に 邪魔されネタ飛ばされオチが言えなかったハプニングがありました。

 

2014年1月2日放送の、新春お笑い名人寄席に、マジシャンのマギー司郎さんが出演されました。

今回はデヴィ夫人とのコラボです。

ネタの途中からデヴィ夫人が登場して、フラワーマジックを披露。

その後、マギー司郎さんが、サイコロの木箱のマジックを披露することになりました。

 

マギー司郎さんが取り出したのは、サッカーダイスボックスというネタ。

サッカーダイスボックスとは、こんな感じのマジックです。製品は違いますが、現象は同じです。


サイコロと、木箱。

その木箱は2つの部屋に分かれ、箱の扉には○とバツが書かれています。

どちらかにサイコロを入れて、お客さんに、○の部屋かバツの部屋かを当ててもらうマジックです。

どちらの部屋かを当てた人には、デヴィ夫人が指につけている、ダイヤの指輪をプレゼント。

 

そして、お客さんがどちらかの部屋を言ったところ、マギー司郎さんは、木箱を傾けて、サイコロをずらして当てることができない、というマジックでした。

「こんなのマジックじゃないよ、インチキよ」

と、デヴィ夫人から言われてしまいました。

 

このマジック、何度か、箱をずらすため、サイコロを当てることをできないことを繰り返して、最後にサイコロが消えてしまった!

というオチに持っていきたいとところ、

デビ夫人に「私もマジックをやりいのよ」と言われて、

マギー司郎さんは、最後のオチに持っていくことができなかったのです。

でも、さすがプロですね。

「捨てるところは捨てる!」

無理にオチも持っていかずに、途中で流が変わっても、そもまま自然に次のネタに移っていました。

アマチュアで、経験が浅い人だったら、

途中の流を止めてでも最後のオチに持っていこうと固執してしまうところですが、やはり、流れを止めないためには、ネタを捨てるところは捨てるという判断も大切だと思いました。

それにしても、このサッカーダイスは、おしゃべりしならがマジックをするのにとても使えるネタです。

同じことを繰り返して、途中ズルさを演出しながら、子どもの興味を引っ張っていって、最後に、サイコロが消えて、元のところから出現する。

子ども相手にするマジックには、最適な手品グッズだと思います。

いつか使ってみたいと思いました。

-手品マジックお役たち情報
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.