タバコのマジックの種明かし

タバコマジックの種明し、1本のタバコを手で一瞬、消す手品のやり方

投稿日:2009-05-28 更新日:

タバコを消すマジックの種明しとやり方を紹介します。

タバコを使ったマジックの基本は「タバコを消す」ことです。

相手にマジックを見せる場合に、もっとも分かりやすい現象ですね。

まずは、この基本を覚えてしまいましょう。

種明しとやり方を覚えたら、あとは繰り返しの練習のみです

見せ方としては、

「このタバコを手の中に入れていきますと・・・」という感じで見せてもよいですし、

何か会話をしながら、サラリと見せるのも良いです。

それではやり方を紹介します。タバコを1本用意します。左手でタバコを持ちます。小指以外の4本の指で、タバコの先を持ちます。左手の中は、空間を作っておきます。

1本のタバコを左手に持つ

 

右手でタバコを押し込んでいきます。

右手でタバコを押し込む

 

完全に左手の中にタバコを入れて、

左手の中にタバコを入れる

 

手を広げると、タバコが消えてしまいます。

手を開くとタバコが消えた

 

もう一度、左手を閉じます。

左手を閉じて

 

右手を、左手の指先付近にもっていき、タバコの先をつまみ、

右手でタバコを引き抜いてくる

 

再び、タバコが出現します。

タバコがの出現

 

タバコが手の中で消えるマジックの種明かし

このタバコが手の中で消えるマジックの種明かしは、

左手の中にタバコを入れたときに、左手の親指の裏側に持っていきます。

正面で手をひらいたときは、タバコはありませんが、

 

手の裏側では、右手の親指と左手の親指でタバコの端をおさえた状態にします。

タバコが消える手品の種明かし

 

このまま手を広げますと、正面から見てタバコが消えたように見せることができます。

 

そして、手を閉じて、

 

タバコを引き出してきます。

 

このタバコマジックで大切なのは角度です。相手から見て、丁度、真正面になるようにして見せましょう。

鏡の前で角度をチェックして、タバコが親指に隠れる角度を確認しておくのがいいですよ。

左手の親指の裏に隠す

いかかですか?

慣れないとちょっと練習が必要ですね。

私もマジック初心者の頃は、このテクニックを知って感動しましたが、すぐにはできるようにならなかったです。

今は、ほとんど使っていません。

正直、飲み屋などで披露するには、角度が弱すぎるのも欠点があります。

ただし、「何か簡単なマジックを教えてほしい」と言われたときは、もしもタバコが目の前にあれば、このマジックを教えたりしています。

テクニックですので、すぐにはできませんが、興味がある人は、一生懸命練習をします。その時だけ・・・だと思いますが。

タバコは、折れやすいので、扱いが難しいです。あまり力を入れすぎると、すぐに折れてしまい、使いにくくなってしまいます。

タバコを使ったマジックは、基本的に、タバコを出したり消したりすることの連続になります。

消し方や出現方法はいろいろあります。

本来は、それらを組み合わせて、連続で見せていくことになります。

ただ、それらもひとつひとつの技法の組み合わせです。

基本からマスターしていくことをおすすめいたします。

-タバコのマジックの種明かし
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.