トップ > タバコのマジックの種明かし > タバコが立つ手品

 

タバコが立つ手品のやり方と種明かし 飲み会や合コンでも

タバコが立つ手品手の平にのせたタバコが突然、ゆっくりと
立ってきます。

糸でつるされているわけではないです。

こんな手品が、居酒屋での飲み会や合コンの席で
披露できたら、盛り上がると思いませんか?

ちょっとした仕掛けをしておけば、スグに
見せることができます。

 

 

 

 

手の平に1本のタバコまずは、現象を紹介します。

手の平にタバコがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

タバコが立ってくる

 

 

だんだんと、タバコが立ってきます。

 

 

 

 

 

 

タバコが立った

 

 

完全にタバコは立ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

タバコが立つ手品の種明かし

 

 

タバコが立つ手品の種明かしは、両面テープを
使います。

 

 

 

 

 

 

両面テープを小さく切る

 

 

両面テープを小さく切り取ります。

 

 

 

 

 

 

タバコの吸い口の半分くらいにテープを切る

 

 

 

テープの大きさは、吸い口の半分くらいです。

 

 

 

 

 

 

両面テープをタバコの吸い口に貼る

 

 

切り取りましたら、タバコの吸い口に貼り付けます。

半分くらいです。

 

 

 

 

 

手の真ん中あたりにタバコを付ける

 

 

ここで、タバコを手の平の丁度真ん中あたりにしっかりと押しつけます。

あ、両面テープが付いている側は、
指のほうになります。

 

 

 

手を少し丸めた状態で、たばこを倒しておきます。

 

手を開く

 

 

この状態から、手の平をひろげるようにしていくと
タバコが立ってきます。

 

 

 

 

 

 

タバコが立ってくる

 

タバコが立ってくる角度や、手の平に両面テープ
を貼りつける位置も、

実際にタバコが立ってくるかどうか
試してみてください。

 

 

 

 

 

 

手を丸めていくとタバコが倒れる

 

 

そして、手を再び丸めていくと、
たばこは倒れてきます。

 

 

 

 

タバコを立てるときは、反対の手でタバコをかざすようにいて
何かパワーを送っているようにします。

糸でつっているようなフリをしてもいいですね。

そして、大切なことはあなたの目線もタバコの先のほうを
見るようにしましょう。

 

そうすると、相手の意識は、タバコの上の方に行きますので
両面テープの存在に気づきににくくなります。

しかけをしてあるタバコをあらかじめいくつか作って用意
しておくと、ここぞというときにスグ演じることが
できますね。

 

【スポンサードリンク】