トップ > タバコのマジックの種明かし > タバコの連続出現マジック

 

マギー審司がいいともみせたタバコマジック

2014年12月18日放送の

笑っていいともで、

マジシャンのベタック9というコーナー

がありました。

 

そこで、マギー審司さんが見せてくれた

タバコを手から次々と出現するマジックの

やり方を紹介します。

 

宴会や飲み会で、注目されたい、ウケるネタを披露したいと思っていて、

それほど、練習がいらなくても、ちょっとしたマジックを

を見せたいと思っているのでしたら、

タバコを使った気軽なマジックを身につけてみてはいかかでしょうか?

 

なぜ、このマジックが気軽でウケるのかと言いますと、

タバコという身近なものを使う、

現象は、一瞬見ると不思議に見える、

単純な仕掛けを知ると、あまりにあっけなくて笑いが出る。

という理由だからです。

 

このマジックは、簡単な準備でできますので、誰でも簡単に

見せることができます。

ただ、このマジックを見せるには、事前にちょっとした

準備が必要です。

 

ですので、即席で準備がいらないというわけにはいかないので、

どちらかというと、宴会や飲み会で使うのがよいかと思います。

 

笑っていいともでマギー審司さんが見せたように、

一瞬、不思議に見せておいてから、

種明かしをして笑いをとるのに

使えるマジックかと思います。

 

それでは、どんなマジックかご紹介します。

 

 

タバコを右手の指で押さえた状態から、

 

 

 

 

 

 

 

左手を前に出してきて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左手でタバコを握ります。

 

 

 

 

 

 

 

と思った瞬間に再び、右手からタバコが

現れます。

 

 

 

 

 

 

もう一度、左手を前に出してきて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコを取りますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに、右手にタバコが現れます。

何度繰り返しても、右手から

タバコが現れるのです。

 

 

 

 

それでは、このマジックのやり方の

種明かしを紹介します。

このマジックの種明かしは、

指に両面テープをはって、

タバコが指にくっつくように

しているのです。

 

 

 

 

両面テープを適当な長さに切って、

右手の中指の爪から第二関節にかけて

貼ります。

 

 

 

 

表面のシールもはがして、

その部分にタバコを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

指を折ってタバコを見せているときは、

 

 

 

 

 

 

 

親指でタバコをおさえているようみせます。

 

 

 

 

 

 

次に左手でタバコを持つふりをするときに

右手の指を伸ばして、手のうらにタバコを

隠してしまいます。

中指には両面テープが貼ってあるため

タバコは落ちません。

 

 

左手で何かを投げたようなしぐさを

したと同時に、右手の指を曲げて、再びタバコを出現させます。

あとは、同じ動作の繰り返しです。

 

 

 

注意する点は、左手でタバコを持った

フリをしたと同時に、右手をひろげて、

タバコを隠すタイミングです。

鏡を見ながら練習して、タイミングをつかんでください。

 

【スポンサードリンク】