トップ > タバコのマジックの種明かし > タバコの消失マジック

 

タバコの消失マジックのやり方

タバコが消える手品

宴会で使える一発芸的なタバコを消す

消失マジック を紹介します。

 

 

これは、一瞬の現象です

 

 

ゆっくり見せるものではなく、

一瞬で素早く行う ことによって、

 

 

「あれ?どうして?」と 思わせるような

タバコを消すマジックです。

 

左手でタバコを持った状態にします。

 

 

手を開くととタバコが消える

 

手を広げると一瞬にして、

左手に持っていたはずの

タバコが消えてしまいまいした。

 

 

しかも、

しっかりと手を広げた状態で消えている

のです。

 

 

それでは、このタバコを消すマジックの

種明かしを紹介します。

 

 

このタバコを消すマジックの種明かしは、

指先の ツメに秘密があります。

タバコの消失種明かし

 

 

左手の親指の爪に

両面テープを貼っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

両面テープを親指に貼る

 

 

マジックを見せるときに、

両面テープをはがして、

 

 

 

 

 

 

タバコを親指のツメに付ける

 

 

タバコの先をその両面テープに

貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように、

手に左手の親指を

少し折り曲げた状態にして、

 

親指以外の残りの

指は握った状態にします。

 

 

 

親指の裏側にタバコを隠す

 

そして、手を広げたときに、

丁度親指の裏側に タバコが

隠れるように広げます。

 

 

 

親指の腹の部分を正面に

見せるような位置に もっていくと

タバコがかくれます。

 

 

元の状態と同じように手を握れば、

再びタバコが出現した

ように見せることができます。

 

 

タバコを消す時に大切なところは、

手をひろげたと同時に

あなたの目線は上を見るようにします

 

 

「タバコがどこかへ飛んで行った」

というような目線と 雰囲気をすることによって、

 

不思議さを演出することができます。

ご参考ください。

 

 

繰り返しますが、

このタバコ手品で大切なことは、

指先と同時に表情です。

 

 

マジックで自分も驚いている

そんは表情をするといったことも

取り入れてみると良いでしょう。

 

【スポンサードリンク】